« 稀勢の里よ(H27九州場所十一日目) | トップページ | 日馬富士関7回目の優勝おめでとうございます »

2015年11月19日 (木)

H27大相撲九州場所十二日目:日馬富士、一敗守る

集中力がますます増している日馬富士。先日の白鵬が自称マタドールなら、今日の日馬富士はさしずめ頭を低く体をぶつけていく闘牛のような頭突きの突進。
明日の立合いが勝負だ。

勝昭翁は、明日で実質優勝者が決まってしまう可能性もあるためなのか、あまりに稀勢の里があっけない負け方をしてしまったせいなのか、理由はわからないけれども明日の大一番に気乗りしない様子・・・千秋楽の解説のことを思って憂鬱になってたのか?

鶴竜が鬼に戻った。
白鵬も今日から完全に本気の戦闘モードに入った。
残り三日間。
ようやく本物の死闘が始まる。

« 稀勢の里よ(H27九州場所十一日目) | トップページ | 日馬富士関7回目の優勝おめでとうございます »

大相撲」カテゴリの記事

日馬富士(安馬)」カテゴリの記事

コメント


本当に良かった(*^_^*)

明日はもう悶絶の一番ですが・・・(涙)

昨日は左目、今日は右目と二日連続で痛そうにしていましたね(汗)

北の富士さん、優勝が早く決まることを懸念したのかな。


あ、北の富士さんは日本人大関の不甲斐無さを嘆いていたんですよね、きっと。
あの方、日本人の横綱にめちゃくちゃ拘ってますから。
今日の大関、本当にあっさりと負けちゃいましたもんね・・・

それから朝青龍のことからいろいろとコメントをされているのを読みましたが
指導者にも問題があるのは確かだと思います。
前に仰っていたときは他のコトに気を取られていて、何もお答えできなかったのですが。

やはり師匠の教え方には、かなり左右されると思います。
現在の日本は、教育の現場でもなかなか指導者の思う通りにはいかないようです。
そんなこんなで、日本人全体が甘くなっているのは否めないと思います。

丸親方などは、本当に仰っておられることが凄いと思います。
日本人でも敵わないくらいに、相撲道を磨いておられます。

恐らく日本人かそうでないか、そこもあるかもしれませんが
「武士道精神」と同じように「紳士道」と言われるようなイギリス人もいるわけで。

戦争中も、アメリカ人が日本人のゼロ戦の操縦技術に敬意を表したようなこともあったそうです。
(真実は定かではないですが)

何か纏まりのない文章になってしまいました(汗)
環境も、そして本人の資質もどちらも大事なのでは?と思います。

匿名希望さん>

いや、ここのところ勝っている相手とはいっても勝負はやってみないとわからないので、花道を入ってくる時の姿や制限時間一杯前の様子を見て、心臓早打ちしすぎてそのまま心肺停止するかと思いました・・・
よかった・・・
なんだか気功の力も手伝って相手を吹っ飛ばしたんじゃないかと思うぐらいでした(^▽^;)
しかし下から上へと豪栄道の頭が横綱の顔面をそのまま突き上げていったので、今日の土俵入りを見るのが心配・・・
ほんと、左右と連日ですからね(>_<)

北の富士さん。考えてみれば昨日は大関陣が完全玉砕だったんですよね。しかも私にはワラ人形のように見えた稀勢の里・・・豪栄道も何もできず、そして結局土がつかなかった白鵬(琴奨菊)。
もう少し前から白鵬の優勝を確信しているような雰囲気もありますし。日馬富士が優勝するとは微塵も期待していない勝昭翁の様子がありありでした(-_-)

だけどこの今日からの割、あえて従来通りにしたのには、組長の魂胆が透けて見えるような気がするのは穿ちすぎでしょうか。もちろん総意あってのことなのでしょうが。
あえて弟子たちを試しているかのような。
日馬富士にはわざと早めに本命と当てて、どれだけ横綱としてのプライドを発揮できるかを試す。
そしてさらにそれより後の日に、手負いのもう一人の弟子に兄弟子の援護射撃をさせよう、あの照ノ富士優勝とは逆パターンを経験させよう、照ノ富士お前がキーマンだ、と組長が暗に言っているように私には勝手に見えてしまいます。
客入りを考えての割という人もいますが・・・
でも、鶴竜にとっても誰にとってもいいカードだな、と個人的には唸ってます(笑)

何はともあれ今日ですね。恐ろしい・・・

例の記事の私自身のコメントも中途半端な組み立てで終わってしまったので、もう一度整理してそのうち指導者等々の件について書こうと思います。(思って結局頓挫すること最近多々ですけどね・・・)
匿名希望さんがおっしゃるように、環境も資質も大事だと思います。
世の中は相互依存というか、全てがつながっていますから・・
「おかげさん」が消えたら世の中は荒む一方です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/62710307

この記事へのトラックバック一覧です: H27大相撲九州場所十二日目:日馬富士、一敗守る:

« 稀勢の里よ(H27九州場所十一日目) | トップページ | 日馬富士関7回目の優勝おめでとうございます »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード