« H28(2016)年大相撲一月場所(初場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 虎視眈々の日馬富士 »

2016年1月18日 (月)

H28(2016)年大相撲初場所九日目:怒る気さえ失せた栃煌山vs白鵬戦

・・目の前で今場所初めて書いた記事が消えた・・・・・_| ̄|○

愕然。
こうなったら手短に。
栃煌山。喰らいすぎだよ!!!仕切りと相手の立合いの位置を見ていなかったのか!?もうはたから見てても絶対何かやる形だったよ白鵬は!!!
それにしたってあの手の出し方もひどければ、まるで栃煌山が汚れた存在でもあるかのようにまたしても体に触れなかった白鵬。
もう怒る気も失せた。
それよりも、その前の水付けをする時の柄杓の持ち方にまず唖然。
白鵬、片手で尊大な様子で柄杓を持っての水付け。
あんなみっともない水付けをする横綱(というか関取)の姿を見たのは初めてだ!!!!!!!
どこまで大相撲の様式美をバカにし続けるのか!?!?!?!?
もう私は絶対に貴方には相撲協会に残って欲しくない。

実は、場所前ついに白鵬関に短い手紙を送りました。でも、きっと読んでいないし封も切っていないのでしょう。ゴミ箱に捨てられた可能性もある。
憶測しても仕方ないことだけれど、一介の大相撲ファンが訴えかけたところで何も通じない人なのかもしれない。
(野次のような手紙を書いたつもりはない)
琴奨菊!!!!!一日一番だ!!!!!!
鶴竜も死ぬ気で相撲をとってくれ!!!

九日目終了時点:
9戦全勝:白鵬、琴奨菊
1敗:日馬富士
2敗:鶴竜、隠岐の海、豊ノ島、高安、豪風、貴ノ岩、豊響

稀勢の里、すでに4敗・・・
そして伊之助さんの運命やいかに・・・(ツイッター相撲部騒然)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H28(2016)年大相撲一月場所(初場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 虎視眈々の日馬富士 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

すでに、送っておられましたか!!
今日の一番を見て、送っちゃろう(`´)と思っていたところでした。そしてたった今、9時のニュースで伝えられた白鵬のコメント!(怒)相手をバカにするのもほどがある(`´)


伊之助さん、どうなっちゃうでしょう(>_<)

私は、栃煌山はまさか二度も続けて・・・とは思わなかったと同情的です。
解説でも言ってたように、まさかあの手を使うなんて・・・

両手を叩くか、手を出したかの違いこそあれ、全く先場所と同じような身のかわし方。
まさか!!と思ったと思います。
まさに、あれもマタドールです。

上手投げ、っていう決まり手はどうなのか、と思いますね。
殆ど上手は掴んでなかったし。

私も怒る気も失せています・・・
恐らく白鵬は今回は、考えてのことではないだろうし。
気持が逃げていただけですよね。
それだけ栃煌山を恐れている証拠です。

栃煌山も真面目すぎるというか・・・
何か、意趣返しでもやって欲しいところですが器用ではないですもんね。

白鵬は自分の気持ちが逃げたコトは感じているでしょう。
だから、明日からの相撲がどうなのか、ですよね。

そしてあの柄杓の持ち方はかなり違和感でした。
みしゅらんさんに言われて、その違和感のワケが分かりました。
その時は良く分かってなかったのですが・・・
(放送が短かったのと、妙義龍の正代戦があまりにショックだったので 汗)

もう、今場所はまさかって感じでしたね。

まあ、先場所の猫だましと、その映像をツイッターにアップしたことで、「コイツ、バカッターやな」と判断したんですが、もう「バカ綱」でもいいや。
横綱を「コイツ」呼ばわりするのも遠慮してたんですが、そんな気の使い方するワタシがバカでした。

理事長が変わっても、白鵬は変わらない。むしろ悪化している。
八日目の嘉風戦のダメ押しも、伊勢ヶ濱審判部長は『「足が出ているかは白鵬は分からない」と、流れの中での“不可抗力”とした。』そうで、いや分かるだろう?組長コワイの立ち合いだけか?
>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000019-dal-fight

また白鵬が場所後の節分豆まき、成田山と貴乃花親方ご心酔の京都の宗教法人かけもちで出るんですな。うっかりすると、貴乃花理事長→白鵬一代年寄(モンゴル国籍のまま)実現しそうですよ。

ろーるさん>

ええ、送りました。簡潔に。
9時のニュースは見ていませんが、記事を読みました。
たぶん、もう誰が何を言おうと無理ですね。中年のおばさんの面の皮の厚さ並みになってきてますね・・・
それぐらいじゃないと横綱は勤まらないとはいえ、方向性が・・・

伊之助さん、ひとまず今場所はこれきりで終わりますようにと祈るのみです(>_<)

ルードさん>

まさか、の裏をかいて頭を使いまくるのも白鵬ですからね・・・
他の方のツイートをちらっと見た時、私も「そうだよな」と思ったのが、白鵬は日本出身力士に対する相撲とそうではない力士(特にモンゴル出身)に対する相撲の取り方が違う、ということです。
今回は猫騙しの時以上に狡猾に感じました。だから、とっさのことではない、と私には見えました。
計算づくで「変化ではない」を正当化する立合いをしていました。普通に立ってから左へ動けば変化ではないだろう、という方便。
栃煌山も気の毒ですが、いくらなんでもあんな一方的な相撲になってしまうのでは、来場所もつけこまれてしまいます。こうなったら本当に、コンマいくつでの「後の先」を栃煌山のほうに求む!です。後の先で万一白鵬が踏み込んできても負けない形で立つ。器用さ以外で勝つしかない!!!
・・・って口で言うのは簡単すぎますね(苦笑)

今日の菊ちゃんから白鵬への水付けは見ていたのに、どうだったかを全然見ていませんでした(^▽^;)
ひょっとして普通に持ったのでしょうか?
なんといっても今日は大鵬さんの命日ですものね。
命日だけいい子にしても、神様はきちんと見ていることでしょう。
土俵の神様に限らず、八百万の神が。

shin2さん>

ある意味日本が育て上げてしまった、子供以上に始末の悪い駄々っ子・・・。
歯止めはますますきかなくなってしまった。

中日の嘉風戦、私は国技館で見ていました。ただ、イスCだったので、憎しみがこもったような投げ(結果的には「ダメ投げ」でしたが)が決まっての勝負かと思っていました。後から映像を見て「は?」でした。
ただ、仕切りを見ていても、白鵬からは相当の殺気を感じました。何をするかわからないような恐ろしい殺気です。

そうなんですよね、遠藤だけかと思いきや、白鵬も豆まきが同じコースだとこの間調べて私も初めて気付きました。
次期理事選、どうなるのでしょうね・・・外野があれこれ言うことではないけれど、日本相撲協会の行く末が不安です。
番付社会の弊害がここにきて・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/63085703

この記事へのトラックバック一覧です: H28(2016)年大相撲初場所九日目:怒る気さえ失せた栃煌山vs白鵬戦:

« H28(2016)年大相撲一月場所(初場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | 虎視眈々の日馬富士 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード