« 神様は、見ている(H28春場所中日) | トップページ | 心配 »

2016年3月31日 (木)

H28年大相撲春場所:結び前の一番以降のみ録画相撲。が千秋楽現地観戦の身としては・・・

あれ、気付いたらもう木曜日でしたか(^_^;)
今回の大相撲三月場所は13日目、千秋楽と現地観戦してきました。
レポートについてはまたあらためて、なのですが。
先ほどようやく千秋楽のテレビ中継録画を確認。結び前の一番以降のみ。
驚くようなまとめに入った公共放送の白鵬擁護に開いた口がふさがらず。
場内のヤジもインタビュー時の一部しか聞こえず。
なんだこりゃ!
それだけ見終えてもうムカムカが止まらず。
どうすればあの涙に同情の念が起きるというのか。
公共放送としてはそうするしかなかったのでしょうが、一番最後の北の富士さんの挨拶のテンションには場所の結末に対する不満が垣間見えました。というように私は感じ取りました。
公共放送が言えないのなら、15日間を見続けてきた大相撲ファンが言うだけです。
熱烈な「大横綱」ファンも後援会の皆さんも多く存在するのは確かですが、大阪府立体育会館のあの怒号は、長年大相撲を見続けてきたファンの気持ち、長年ではなくとも大相撲が好きになったファンの気持ちを代弁する、心からの声だったと思います。
口に出さずとも、拍手をしなかった人々(私は一度も白鵬に対して拍手をする気になれなかった)も、同じように意思表示をしていた。
私は聞こえてきたヤジのような辛辣な言葉は出しませんでしたが、心では激しくうなずいていました。
そんな喧騒も、結局どうやら白鵬には届かなかった様子(サンデースポーツを見てもうこりゃだめだ、としか)。
稀勢の里が変化したんだから言いっこなしだろ、って、それは横綱が口にする言葉なのだろうか(優勝一夜明け会見記事?をチラ見して)。
日馬富士を非難する声もあるにせよ、スローを見たら日馬富士の顔を上から下へなでるように(というか撫でていた)手を出しての左変化。
日馬富士が勝負に負けたといえばそれまでですが、会場西側で見ていた私には、白鵬が右手を出して左へ変わり左手を出して相手の体を突いたら、日馬富士がこっちへ向かって突進してそのまま土俵を飛び出した・・・というシーンを正直どうとらえていいかわからなかったし(開口一番「エエエエエエーーーーッ!?!?!?なんなのそれ!?!?!?」)、場内のブーイングは決してこの白鵬の一番のみに対するブーイングでもなかったと思います。
今場所は初日以外圧倒的な強さを見せた、と解説席に限らず方々から聞こえてきましたが、私にはもはや白鵬の大相撲が「ただの格闘技」にしか見えなかった春場所でした。
格闘技を見せつけられ続けた挙句に、最後の最後でほぼマタドール。
喉から手が出るほど賜杯を抱きたかった鶴竜のいつぞやの優勝に続き、この白鵬。
一体、大相撲界の横綱像はどこへ向かっていっているのでしょう。
会場にいる時より、テレビを見て暗澹たる気持ちになりました。
視聴者を代弁しているとは限らない、公共放送の大義。
もう自分がこの目で見たもの、感じ取ったものしか信じない、信じようがない、とあらためて感じた場所でした。

« 神様は、見ている(H28春場所中日) | トップページ | 心配 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。会場内のなまの様子がわかりました。

あの時は、テレビの前で、びっくりして、啞然として。
会場の人々がどんどん帰っていくのが映し出されて、舞の海さんが放送できないような罵声が飛び交っていると言っていて。

相撲ファン、スポーツファン、千秋楽の結びに気持ち向けていた人々、
何といっても対戦相手の、真っ向勝負が信条の日馬富士、
決定戦に向け土俵下で集中していたk伊勢の里、
藤井アナの言葉通り、この気持ちをどこに持って行けばいいのか、でした。

相撲をみていて、あんなにもイライラもやもやしたのは初めてです。

そうでしょ?そうでしょ?
解説席の豹変にもびっくりするでしょ?
舞の海さんだけが、最後までお客さんの気持ちを代弁していましたよ!!

泣いたからって、あの豹変ぶりはないと思いましたよ、私も・・・
だから、余計に腹が立ったんです!!

さんざんエルボーばっかりしておいて、解説席も「強い」とか言い続けたことにも責任があるとしか思えません。
相撲とは?そして横綱とは?
根底から揺るがしかねないような春場所でしたよね?

怒りの矛先を、どこに持っていけばイイのやら・・・
親方たちに怒りをぶつけたくなる気持ち、分かって頂けますでしょうか?

稀勢の里の変化は、少なくとも一度当たってからです!!
全く違う次元ですよね?
視界を塞いでおいて、見えなくしてるんですよ?
見えたならまだしも、全く見えないんですよ?

日馬富士はコメントでも「変化があるなんて思わなかった」と言っていますが
お客さんもみんな、そうでしょ?
大一番、千秋楽の結びですもん。
しかも優勝争いを残している大一番ですもんね。

お客さんの反応が一番正直ですよね!!
お金を払うのはお客さんですから。

私も、ここ数年の白鵬の相撲は、すもうじゃないよ、プロレスに行ったらいい、思っています。
前の対戦で自分を負かせた相手に、生半可でなく乱暴ですもの。血なんか見たくない。
または、ひどく馬鹿にしたやり口、猫だましに、変化に、眼前への手出し。

土俵を穢すのはやめてほしいですよね。
他の外国人力士まで巻き添えにならぬよう、いいがかりをつけられないように。

老害、という言葉をおもいだしました。
慣れ親しんだ場所にしがみついているだけに見えます。

一つ目・三つ目のコメントをくださった方へ>

同じ方からのコメントのようですので、まとめて返信させていただきます。

他の外国出身力士まで巻き添えにならぬよう・・・本当に、それです。
私は外国出身力士に対してではなく、白鵬自身の言動と土俵態度に対し、暗澹とした気持ちが拭えません。
本当に日本相撲協会は大丈夫なのか。
場所中に往年の横綱たちの勝負映像が流れましたね。白鵬が大相撲の何をわかっているのか、一体何を勉強し体現しようとしているのか、さっぱりわかりません。
数字にこだわり、相手に敬意のない相撲や土俵態度をとる横綱と、横綱としての自覚を持って臨んだ結果、星が伸びなかった横綱。
どちらをとるかといえば、私は後者をとります。後者を「横綱」と呼びます。
自分で自分の首を締めていく現大横綱をあと4年(?)見続けなければならないのかと思うと、これから伸びてくる若い力士たちや入門した子供たちのことが心配です。

お待ちしてました。
4日たった今も怒りと不快感が奥深く残っています。
あいつ1人で大相撲をこんなにまでつまらないものにしてしまったのか!

大阪のファンが怒ったのは、あの一番だけでなく、今まで溜まりに溜まっていたものが、一気に噴き出したからでしょう?
度重なるダメ押し(なんで井筒親方に大けがを負わせたとき出場停止にしなかったのか!)、猫だまし、顔面エルボー(何で誰もこれを反則にしようとしないのか!)、力水の信じられない扱い方、数々の発言…
ヤジの内容はテレビでは聞き取れませんでしたが、してはいけない発言もあったと聞きます。それは絶対してはいけない。でも、白鵬自身が日本の文化、礼儀、日本の相撲を侮辱したことは、どうなんだ!

白鵬が泣き出したとたん懐柔されてしまった北の富士、「相手がけがをしていたので、まっすぐ受けなかった」とかいう理事長の馬鹿な説明に、ああそうですか、と納得する横審、今日出た月刊『相撲』で白鵬に10点満点を与えた千代の富士、誰が土俵の充実を本気で考えてるんだ! 『相撲ジャーナル』で発言している親方たちも、誰も心の底から「これじゃダメなんだ!」と考えていない!(だからどちらも立ち読みしただけで買わなかった!) 私の知る限り、マスコミ等ではっきりと怒りを表してくれたのは、やくみつる氏だけです。

日馬富士がケガを押して、どれだけの思いで千秋楽まで出て、結びの一番に横綱の責任を賭けたと思ってるんだ!

今場所、私は飛び飛びでしか見られなかったのですが、そのわずかに見た取組で、あきれるほど立合い変化が多かったので、一体どうなってるんだと思っていたら、力士会会長の“大横綱”を見習っただけだったんだ、ということがわかりました。
正直言って、5月場所のチケットを買う気が起こりません。
もちろん日馬富士関のことは全身全霊で応援し続けるけど、ちょっと相撲自体がいやになってしまったところがあります。

白鵬は伊勢ヶ濱親方に呼び出された後、「何でもしたい」と言っていたそうですが、何をすべきかご提案しましょう。是非、井筒親方が加療中の3ヶ月間、本場所も巡業も出場辞退してください。

ルードさん>

北の富士さんは何かカンペでも突きつけられたんじゃないか!?と思うような豹変ぶりでしたね。
後日、新聞のコーナーではあの涙に騙された、と書いていらしたようですが。ああもう・・・!!!!!
ルードさんがおっしゃられる意味が録画を見てようやく良くわかりました!!!

稀勢の里は完全変化ではありませんでしたね。対するあの手の出し方・・・
客席の真っ只中にいた舞の海氏が単刀直入に一言述べてくれたのがせめてもの救いでした。が、それさえかき消そうとするようなカメラワーク(白鵬うちわ応援団)に正面放送席。

お金を払うのはそうです、我々客です。そのお金で一体どれだけ客をコケにしてるんでしょうか???
もう五月場所は今のところ行く気も起きません。
今場所は久しぶりに数えるほどしかスポーツ新聞も買いませんでしたが、相撲雑誌も買う気失せてます。

八角理事長の「力士がのびのび相撲をとれる土俵」って、その抱負を聞いたらますます「それは何を指すんだ?」と穿った考えしかよぎらない私となってしまいました。
五月場所、懸賞金は果たして増えていくのか減っていくのか?
とりあえずマクドナルドには金輪際入らないことに決めました(しがない庶民はこれぐらいの抵抗しか・・・まあもともとほとんど利用してないんですが)。

いくさん>

本当に本当に、一体大相撲界はどこへ向かってしまうんでしょうか!?
私の気持ちを代弁してくださりありがとうございます!!!

そうなんです。私も上位陣の変化が続いてから、妙にBS中継時間から幕内までこぞってつまらん相撲が増えたような・・・と感じました。
それほどに上位陣がやることは責任重大なのに。
今一番おぞましく感じる言葉は「技として存在するのだから」という言い訳ともとれる決め台詞です。
いつから日本人はそこまでドライになってしまったのか。脳みそまでドライ(干からびた)ということなんでしょうか。

千秋楽結びの一番だけにブーイングしているわけじゃない。それさえわからず「二日目からいい相撲」と自画自賛。
もう、無理です。限界。歴代横綱たちが築き上げてきた大相撲の真髄がガラガラ音を立てて崩れていくのをこれ以上見る気になれません。

怒りのあまり、白鵬めがけて座布団を飛ばす人も私の席のかなり近くにいました。そういう行為や人種差別的な発言はどうかと思いますが(朝青龍も物事の本質がやはり相変わらずわかっていない・・・)、おっしゃる通りで白鵬自身が日本の文化、礼儀、日本の相撲を侮辱している、本人にその自覚がないのか確信犯的になのかわかりませんが結果的にそうなっていることに言いようのない寂寥感を覚えます。
異文化を理解できるかどうか、本気で理解する気持ちがあるのかどうかは個人の資質によります。日本が美徳としてきた大相撲の中の美は、言葉を並べなくても見れば何かしら感じ取れるものであり、ちゃんとそれを実践している外国出身力士だっています。世界共通の美徳でもあるものなのですから。
それが横綱という地位にありながら・・・
「大相撲はスポーツではない」と言いますが、「スポーツマンシップ」さえ欠如した横綱をどう捉えればいいのでしょう???
白鵬はオリンピックにかかわりたがっていますが、オリンピックの本来の精神をわかっているのでしょうか???

いくさんが立ち読みされた雑誌の内容を知って、私も立ち読みだけにしようと決めました。
そうですか、やくみつるだけですか・・・身内は白鵬ありきで潤っている部分もある手前、何も言えないのですね。

日馬富士関が力士会会長になるとのことですが、「まとめることの大変さを他の人にもわかってほしい」でしたっけ?相変わらず上から目線で我らが横綱にバトンタッチした大横綱に、目に物見せてほしい。
ケッパレ日馬富士!!!!!!!
そして来場所こそあらゆる怪我が癒えて日馬富士の本領が発揮できますように!
春場所の日馬富士の想像を絶する気力と責任感にも感動を覚えました。横綱は日馬富士でした。清々しい日馬富士関に心底救われました。千秋楽、相手に当たることさえも許されず、ファンだって悔しいのに体を張って立合いに賭けた横綱ご本人の気持ちやいかに・・・です。

私も「なんでもする」を有言実行するというのなら、白鵬にはいくさんの提案を是非とも実行してほしい。
気分は「白鵬には恐山に行ってもらいイタコに大鵬さん、双葉山さん、北の湖さんの言葉を聞いて四股をしながらそれを1000回書き写し音読せよ」です。
徒労に終わりそうですがね。
大阪に限らず五月場所でも万が一今回と同じような何かをしたら、お金を払っている我々自身がハッキリと意思表示するしかないでしょう。

もう私も極力大相撲関連にお金を落とすのはやめたい、という気分です(日馬富士関は別)。
血祭り姑息大相撲は2度と見たくありません。

http://blogs.yahoo.co.jp/mailofgodlove2009/69256106.html

↑こちらの方の記事は、実に論理的に書かれています。
以前の記事にも、いろいろと黒鵬のことがありました。
良かったらご一読くださいませ。

ルードさん>

URLありがとうございます、記事いくつか拝読しました。舞の海氏が「肘打ち」とあえて言わなかった理由はそういうことなのですね。論点が整理されておりとてもわかりやすかったです。

ついでにヤフーブログで白鵬について書いている他のブロガーさんの記事も色々読みましたが、普段相撲を見ない人がこれまでの経緯もわからず安易に書いているものばかりでガックリきました(苦笑)

自分は中日の相撲を見て「神様は見ている」とタイトルをつけた記事を書きましたが、「お客様=神様」なのだから(笑)やはり神様は見ていた、ということでいいんだ!と結論付けております。ハハハ。笑い事ではないのですけれどね(´-д-`)

愛之助と紀香の結婚を知った熊切あさ美が、「神様は見ている」とブログかツイッターに書くか発言するかした云々のニュース見て、怖いと思ったんですが、それはともかく。

まず去年の名古屋場所で、完全に勝負がついてから白鵬が逸ノ城の顔面にアッパー喰らわしたことがあったんですが、あれは「ダメ押し」ではなく完全に「暴力行為」だった。
プロ野球やJリーグなら出場停止だろう。
ただ、この時は逸ノ城の不甲斐なさがクローズアップされて、白鵬の暴力行為がスルーされてしまった(逸ノ城、この一番以降、ただの「おおきいおすもうさん」になってしまった)。

今度の相撲協会の人事異動で、審判部長が二所ノ関親方(若島津)で副部長が藤島(武双山)友綱(魁輝)となったわけだが、白鵬に「NO」を言えるかなあ。
白鵬の取り巻き連中も目に余る。

花田虎上氏が、琴奨菊に変化で勝った稀勢の里に「稀勢の里はやっと気がついたね。人生には汚なさも必要な事を」とツイートしてたが、お前千秋楽の白鵬vs日馬富士の後でも同じ内容のこと言えるか?てか、お前の弟……絶縁してたか。

とりとめないことばかり、すみません。


私も他の方の記事も読みましたが、この方の記事が一番納得がいきました。
双葉山や大鵬さんのことは私も全く知識がないので
なるほど、と感心しました。
(ただ、「肘打ち」だったら反則になる、というのは明文化されているんでしょうかね?
そこのところが、私は知らないのでどうなんでしょうか(汗))

実は私は以前から思っていることがあるんですが・・・
大鵬さんが「自分も純粋な日本人ではないがために言われなき差別もあった」と白鵬を諭した・・・
そう聞きましたが、あれが逆効果になっているような気がしてなりません。
「あの大鵬さんですらそんなことがあったのか」と
日本人に対して、負の感情が大きくなったような気がするのです。
白鵬はあの通りの歪んだ性格ですから、却ってマイナス感情が大きくなったのではないかと
私はそう感じています。

日馬富士なら素直な性格ですから、大鵬さんが言わんとすることは理解できるのでしょうが。
これはもう、人間性の違いですね。(って、勝手に私が思っていることなんですが)

そして大砂嵐のエルボーはダメで白鵬のは許されるのかと
親方連中には本当に考えを改めて欲しいです(怒)
あんな相撲で「強い」なんて言わないで欲しいです!!

「白鵬だけがノビノビと相撲が取れる(反則と言われない限りは何でもやって良い)」
そんな本場所になってしまわないか、これから先のことを思うとやりきれません。
あと4年もあんな相撲を取るつもりなんでしょうか!?

理事長がことごとく(ダメ押しや変化を)擁護しているのでは何とも言えません。
あの理事長で、ホント大丈夫なのか!?
全く情けないです(´・ω・`)



追伸です

「すもうねこ」の中に出てきたのは「待乳世部屋」でした(爆)
でもきっと、あの親方を参考にしたのではないかと思われます( *´艸`)

他にも鷹ノ鼻関とか舞の花とか、いろいろもじってますし(笑)

それから尾色毛(おいろけ)部屋の絹乃覇汰(きぬのはだ)関(←めちゃくちゃ肌がすべすべしていて、滑りやすい力士)などなど、とにかく四股名などもめちゃくちゃ面白いですよ♪
改めて、今また読み返しているところです♪


shin2さん>

大相撲に関し、完全に白けてしまっています。どうして一人の力士のせいでこんなにテンション下がらなくてはならないのか。
巡業の様子もほとんど追っていない今日この頃です。
ただ、大横綱が最後の日本人大横綱に接近しようとしているニュース記事はチラ見しました。
伊勢神宮でも白鵬・日馬富士の手数入りの時だけ太陽が顔を出したそうですね。日馬富士の横綱推挙式を思い出しました。あの時も朝はものすごい雨だったのに、日馬富士が境内に顔を出した途端に雨が止んで日が差したものでした。

昨日はBS朝日の大相撲番組でやくみつる氏がかなり踏み込んで言いたげな様子が見えていましたが(張り手エルボー差しもやく氏のゼスチャーと音付きで何度も放送はされましたが)、編集で相当オブラートに包み込まれた感があり、もうなんだかなあ・・・です。前半の昭和の大相撲パートだけ見ればよかった、と後悔しました。
松重さんの言葉にもガックリでした。30歳という若さで何でも要求するのは・・・との擁護論でしたが、これまで守り続けられてきた相撲の様式美を(難しいことではないはずですよ?それこそ小学生だってできることですよ?)せめて守ろうとする横綱としての自覚は持てないものなのでしょうか?
一代年寄をもらえないなら何を言われようが構わない、と、あえて大相撲をぶっ壊そうとしているのかわかりませんが、新体制の審判部がどこまでやれるのかわかりません・・・
ただ、せめて来場所以降の審判部がもっと反応の良い連係プレーを見せてくれるよう期待するのみです。
(私は伊勢ヶ濱部屋を応援してはいますが、昨年の碧山vs稀勢の里戦以来、伊勢ヶ濱親方に対する信頼もかなり揺らいでいます(苦笑))

こちらこそ全く返信コメントの形を成しておらずで申し訳ありません。
色々溜まりに溜まったうえでの爆発という意味で、春場所は決定的すぎました。
せめて日馬富士関がしっかり力士会を取り仕切れますように、と祈るのみです。

ルードさん>

私たちも過去からの大相撲を全て見ているわけではないので、そういう視点からは意見を述べることができませんよね・・
そして肘打ちが反則技と明文化されているかどうかはわかりませんが、そもそも存在する技の繰り出し方が、現在は本来の姿から激変しているということなのでしょうが、なぜ野放し状態になっているのかが私にはわかりません。
カチ上げにしても張り手・突っ張りにしても、なぜ相手を「わざと」痛めつけるような技へと変貌してしまったのでしょう。その時点で立派な反則技です(常識的に考えて)。部屋の師匠は一体何を力士に教えているのでしょう。そんなの相撲の技能でも何でもない。
ましてや、全力士の手本となるべき横綱が・・・
勝つために訳のわからぬ形をこぞって力士が真似していく傾向には、大相撲の将来が全く見えてきません。
このままでは大相撲は消滅してしまうことでしょう。すでに棺桶に片足を突っ込んだ姿になっているかもしれません。

大鵬さんの「いわれなき差別」の話、そうかもしれませんね。
「自分はこんなに一生懸命やっているのに」という気持ちは少なからずあるでしょう。
でも、強すぎれば嫌われるのは日本出身力士だって同じです。嫌われる、というよりも、ファンはただ面白い優勝争いが見たいがために白鵬の対戦相手を応援するのであり。どれだけ対戦相手を応援しても、大相撲ファンは白鵬が優勝すれば白鵬に対して惜しみない拍手を送っています。少なくともこれまではそうでした。

正直、白鵬の心の中で何が起きているのかは本人にしかわかわからないことです。
でも、自分と自分の身内のことだけを考える横綱はいりません。
前例がない業績を数字では打ち立てたかもしれませんが、その内容は果たして輝かしいものなのか?
もう、本当に悲しい。
誰が国技を守っていけるのでしょうか?
大相撲ジャーナルの武蔵川親方インタビューを立ち読みしましたが、まっとうな形で単刀直入に意見を述べているのはこの親方だけです(北の富士さんや九重親方もある程度は言っていますが・・・)。白鵬に限らず土俵上の余分な個人的儀式が増えすぎですし、師匠陣の指導力にもほとほと疑問を感じます。
それほどに現代っ子への指導が難しい、ということなのかもしれませんが・・・
浅はかな世の中を考えれば、致し方ないことなのかもしれませんね。日本人が情けない。

そんな日本人に対し、白鵬があえて喝を入れようとしているのかどうかは別として、いい加減真剣に「土俵の充実とは何か」を協会は考えるべき時です。
来場所以降もこの調子だったら、私もいい加減見切ってしまいそうです。
プロレスでも他の格闘技でもないただのケンカに加え、傍若無人な所作を見続けるのはもう本当に勘弁です。
(それにしても話は別ですが・・晃之助さんがあのまま立行司になったらどうなっちゃうんですかね?)

すもうねこのお話、ありがとうございます。
読み返して「こういうことか!」と後からわかることも多そうですね(^O^)


白鵬が浴びた大阪のシビアなヤジ。
「銭の取れる相撲」に値しない千秋楽。
     ↓
(NumberWebさんより)
http://number.bunshun.jp/articles/-/825430?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

このコラムには、本当に私たちの言いたいことが書いてありました!!

私には白鵬はもはや、自分と自分の身内だけのことしか考えていないように思われます。
北の湖さんだって嫌われてましたよね。(強すぎるだけで)
そういうものこそが大横綱だという証明になるのに。

そして仰る通り、正々堂々と優勝すれば、みんな祝福するのに。

ただ、正々堂々と戦ったら勝てなくなっているから、白鵬はああいう相撲を取っているのだと私は思います。
とにかく一代年寄に執着心が強いあまりに、引退出来なくてあがいているのだと思われます。
でもね・・・
あんな醜態をさらし続けて、あれで自分はイイのでしょうかね???
ヘンに擁護する人が居るから、余計に始末に負えないですね・・・

もうこれは親方たちの問題になってくるのではないかと、私には感じられます。
このまま野放しにしているようなら、真に相撲を愛しているファンは行かなくなるでしょうね。
そのうち廃れてしまうでしょうね・・・


晃之助さんがあのまま立行司になったら・・・

投げかけられた質問に、どう答えて良いか分からず考えていました。
伊之助さんは差し違えがあって、なかなかなれそうにもありませんね(汗)

晃之助さんがもしなったら、結びの一番は立ち合いの駆け引きが少しやりにくくなりそう。
白鵬などは「手をついて」「手をついて!!」と何度も言われたらイライラしそうです(爆)
それとも無視してマイペースに、今まで通りでしょうか???
それにしても、あの声は私が聞いていても、ちょっとイライラ・・・(汗)
(立ち合いの集中力がなくなりそう・・・(´・ω・`))
白鵬なら「ちっ」とか舌ウチしたりして・・・


琴勇輝も今後は二所ノ関親方に注意されそうですし
来場所あたりからは、手つきに厳しくなりそうですね~!

みしゅらんさんの問いの答えになるのか分からないですが
私自身も、全く想像できないです(汗)
いくら立行司さんでも、相撲内容までは口出しは出来ないでしょうからね・・・


おお!さすがです!こちらには意を同じくする方々が集まっておられますね!
みなさんのコメント、百人力!! 同じ思いです!! ルードさんが紹介されている記事もごもっとも!

大相撲が大相撲でなくなっていくのが、本当に悲しい。

松重さんの発言はほんとーにがっかりでした。 おっしゃるように前半だけを見るべきでした。大相撲が大相撲だったころの取り組みのなんと力のこもることよ。 

協会にもがっかりですよね。頼りになるのは丸親方だけなのかしらん?(涙)

私、ブログタイトルを変えました。


あ、それと、日馬富士関が力士会会長になったら 力士のみなさんはほっとするのではないかな?

ルードさん>
1週間も経過してしまって申し訳なく・・・

URLありがとうございます。相撲記者の方がこのような形で記事にしてくださったのはありがたいです。
しかもナンバーウェブは以前白鵬が長い事、ページをかなり割いたコラム(白鵬のインタビューを別の方まとめる形でしたが)を担当していましたよね。

場所後、本当に相撲から離れたくて情報もほとんど見てません(^_^;)今度ルードさんのブログを拝見しなければ(^_^;)
その後角界でどういう動きがあるのかないのかわかりませんが、来場所気持ち良く観戦できるよう願うのみです。

行司さんも力士も、もう少し淡々と土俵を務めてほしい、と個人的には思います。
見たいのは相撲そのものなのですから( ´・ω・`)
抑えた表情の中の闘志が見たいんですよ・・・
それを邪魔するパフォーマンスが蔓延しすぎて目に余る・・・!

まーがりんろーるさん>

大相撲が大相撲でなくなっていってますよね・・・わずかな年数の間に、どうしてこんなことに。
(自分の観戦歴だって大した事ないのですが・・・)

松重さんも、言わされているのか本心なのか、本当に残念でした。
ろーるさん、ブログタイトル変更されたのですね。でも、お気持ち本当によくわかります。
日馬富士の相撲が見たいがために結びまで見る間に、別の横綱で気持ちが真っ暗になるのは勘弁です。

結局、協会も一番の稼ぎ頭に足を向けて寝る事ができないということですね・・・丸親方、もっともっと声を出してほしいし私としてはテレビの中継になぜ丸親方が出演しないのかが不思議でなりません。
結局、協会に残ったとしても、外国出身横綱であれば差別されてしまうのということなのでしょうか・・・?

今、近所のマックに大横綱の巨大パネルが二つも立っていてヒーと苦笑してます。
そういえばもう力士会長は日馬富士関になったのかと思いきや、先日ふと白鵬のブログだったかで「力士会長 白鵬翔」とあるのを見て「???」となってしまい。
来場所から私の横綱がバトンを受け取るということなのですね(^_^;)

応援している力士たちや関係者の方々が大相撲界を守っていってくれますように・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/63420952

この記事へのトラックバック一覧です: H28年大相撲春場所:結び前の一番以降のみ録画相撲。が千秋楽現地観戦の身としては・・・:

« 神様は、見ている(H28春場所中日) | トップページ | 心配 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード