« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

H28年大相撲春場所:結び前の一番以降のみ録画相撲。が千秋楽現地観戦の身としては・・・

あれ、気付いたらもう木曜日でしたか(^_^;)
今回の大相撲三月場所は13日目、千秋楽と現地観戦してきました。
レポートについてはまたあらためて、なのですが。
先ほどようやく千秋楽のテレビ中継録画を確認。結び前の一番以降のみ。
驚くようなまとめに入った公共放送の白鵬擁護に開いた口がふさがらず。
場内のヤジもインタビュー時の一部しか聞こえず。
なんだこりゃ!
それだけ見終えてもうムカムカが止まらず。

続きを読む "H28年大相撲春場所:結び前の一番以降のみ録画相撲。が千秋楽現地観戦の身としては・・・" »

2016年3月20日 (日)

神様は、見ている(H28春場所中日)

神様は、見ている。

それしか言えない。
「大相撲」として2度と目にしたくない結びの一番だった。
でも、神様は見ている。
「上に投げ石は、自分の上に」
モンゴルのことわざは世界共通。

平成28年春場所中日、全勝対決は稀勢の里に軍配。単独トップ。
キセ、今場所は全て内容が伴っている。慌てる場面は微塵も無し。
あと七日だ。
日馬富士と照ノ富士の体が持ちこたえられますように。
明日は琴奨菊vs稀勢の里。栃煌山vs白鵬。日馬富士vs勢。鶴竜vs豪栄道。
オーザン、明日こそ男を見せろ!!!顔をそむけず目を見開いて全てを出していけ!!!ひ・る・む・な!!!!!

2016年3月18日 (金)

日馬富士2敗目

あ〜あの負け方はいつもの日馬富士じゃない・・・

もう、ガックリ(T_T)
今夜は仕事もあるけど早く寝て早朝仕事にしようかな(T_T)
横綱になってからの春場所、どうしてこういうことが多いのか・・・

2016年3月17日 (木)

H28年大相撲三月場所:序盤戦終了、上位勝ちっ放しは稀勢の里一人に

隠岐の海が相撲に負けて勝負に勝ち(琴奨菊、五日目でついに土)。

いつもなら白鵬の技でバッタリの碧山が体重15kgダイエットで驚異的な動きを見せ(もったいなかった!!!)。

宝富士が結びの一番で横綱を力強い四つで攻め立て!!!(だがしかし逃げ足の早い鶴竜・・・と、その動きよりさらに速く逃げねばならなかった伊之助さん九死に一生の土俵&ツイッターで「ドッグラン」の文字に失笑を禁じえず)

非常に見応えのある五日目でした。
というかやはり今場所は面白い!

ひとまず序盤成績結果:

という具合。

これはまだまだわからない!

そして自分的には大一番だった幕下上位対決、照強vs宇良。
宇良が照強より数段低かった(^_^;)
明日は宇良、十両土俵で天風戦であります。木瀬部屋は重量級が多いので、ある意味普段の稽古の成果が出る取組となるかもしれないな〜という気も。楽しみ!
照強、今日の一番は勉強になったことでしょう。あと四番だ!
十両では出羽疾風が今日千代丸に勝った相撲で大感激してしまいました(T_T)
よくぞここまで力をつけてきた!もう、嬉しくてたまらない!この勢いで着実に白星を積み重ねていってほしい!

続きを読む "H28年大相撲三月場所:序盤戦終了、上位勝ちっ放しは稀勢の里一人に" »

2016年3月16日 (水)

H28年大相撲三月場所:三日間を終え横綱全員に土、対する大関陣全員土付かず

コメント返信遅れており申し訳ありません(>_<)

荒れてます春場所。初日から荒れてます。

三日間全員白星で大関陣が土付かずというのもある意味波乱です(苦笑)
こんな場所、私が大相撲観戦を始めてから一度もなかったような気がします。
本日四日目の取組もこれまた面白い興味深いものばかり。
果たして夕方6時には自分はどんな顔をしていることやら。

日馬富士、肉離れでよく土俵入りも取組もこなしているものだ・・・と、太ももが伸びてしまった時のあの激烈な痛みを経験している私としては肉離れ自体が想像できず、日馬富士の気持ちの強さに恐れ入るばかり。
とはいえ三日目の琴勇輝戦、またしても相手に男泣きさせる金星配給となってしまった。
初日の栃煌山戦での真っ向勝負、鋭い気迫の立合いに度肝を抜かれましたが、二日目の隠岐の海戦では左上手狙い、昨日の琴勇輝戦では張り差し。
取り口からして状態は良くないんだろうな・・・
果たして千秋楽までこの横綱の姿を見ることができるのかはわかりませんが、精一杯祈るのみ。
今日も高安戦(>_<)馬力枠が続くと心臓持ちません・・・

それは別としても琴勇輝の涙には、これまでの苦しみが怒涛のように解放された美しさがありました(T_T)
奇しくも幕内正面解説は師匠の佐渡ケ嶽親方(琴ノ若)に、中入り特集はその父である師匠の「琴櫻のことば」。
加えて小豆島といえばオリーブ、の3月15日は「オリーブの日」。小豆島に昭和天皇がオリーブを御手植えされたことから、小豆島がその記念に制定した日だそうですね。
なんという偶然。
琴櫻の魂と小豆島の魂が渾然一体となって琴勇輝に全てを託したかのような日となりました。
感極まっても、周りの人々への感謝の心を忘れず口にした琴勇輝。本当におめでとう!!!

琴奨菊も先場所の流れが止まらない。
テレビに映る姿も花道奥から取組前の仕切りの様子、そして相撲・・・と、まるで別人のよう。
まだまだ12日間あるので先はわかりませんが、「自分はこれ」と焦点を定めて腹をくくった相撲をとる力士は強い、とあらためて感じております。
自分の短所(脇が甘い)よりも長所(体を生かす)を伸ばすことに集中したキクちゃん。

さあ、他の大関陣も序盤戦がまずは勝負であります!
ハルオの相撲が見られるのも、照強が怒涛の内容で2連勝を続けているのも嬉しい今場所です。
(幕下が超絶アツすぎな今場所&十両が幕内みたいな今場所見所多し)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2016年3月 9日 (水)

H28(2016)年大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。

※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。
(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成28年(2016年)大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」3月13日(日)
幕下:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】三輪洋雄 【リポート】白崎義彦
十両:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】大坂敏久
中入り「綱取りに挑む琴奨菊 立ちはだかるのは?」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】太田雅英  【東西リポート】三瓶宏志、佐藤洋之
ラジオ第一:【解説】芝田山親方(大乃国) 【アナウンサー】藤井康生

「二日目」3月14日(月)
幕下:【解説】若松親方(朝乃若) 【アナウンサー】岡崎太希 【リポート】 太田雅英
十両:【解説】稲川親方(普天王) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】佐藤洋之
中入り「注目力士の初日をふりかえる」
幕内:【解説】正面 高砂親方(朝潮)  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】大坂敏久 【東西リポート】吉田賢、藤井康生
ラジオ第一:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】三瓶宏志

「三日目」3月15日(火)
幕下:【解説】正面 濱風親方(五城楼)  向正面 栃乃藤(若者頭) 【アナウンサー】太田雅英
十両:【解説】振分親方(高見盛) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】 藤井康生
中入り「映像が語る大相撲 琴櫻インタビュー
幕内:【解説】正面 佐渡ケ嶽親方(琴ノ若)  向正面 雷親方(垣添)
   【アナウンサー】佐藤洋之 【東西リポート】刈屋富士雄、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】三輪洋雄

続きを読む "H28(2016)年大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

おすすめリンク

最近のコメント

おすもうファン

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード