« 瞬迅、名古屋場所で引退の発表に… | トップページ | H28(2016)年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2016年7月14日 (木)

H28(2016)年大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧

※随時補完・修正予定。担当者が変更となった場合、完全削除せず棒線で取り消し右脇に実際の担当者を記載。

※管理人の都合により更新できない場合も多々あり。最新情報はNHKスポーツオンラインの「相撲」ページでご確認ください。
(※NHKもたまに一部間違えていることがあります^^;)
※お気づきの点等ございましたら是非ご一報ください。


平成28年(2016年)大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧

「初日」7月10日(日)
幕下:【解説】三保ヶ関親方(栃栄) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】太田雅英
十両:【解説】山分親方(武雄山) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】刈屋富士雄
中入り「稀勢の里 綱取りへの大勝負」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】船岡久嗣  【東西リポート】白崎義彦
ラジオ第一:【解説】中立親方(小城錦) 【アナウンサー】藤井康生

「二日目」7月11日(月)
幕下:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】 船岡久嗣
十両:【解説】富士ヶ根親方(大善) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】吉田賢
中入り「注目力士たちの初日をふりかえる」
幕内:【解説】正面 玉ノ井親方(栃東)  向正面 稲川親方(普天王)
   【アナウンサー】刈屋富士雄 【東西リポート】藤井康生、佐藤洋之
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】白崎義彦

「三日目」7月12日(火)
幕下:【解説】正面 不知火親方(若荒雄)  向正面 伊予櫻(若者頭) 【アナウンサー】岡崎太希
十両:【解説】清見潟親方(武州山) 【アナウンサー】沢田石和樹 【リポート】 白崎義彦
中入り「遅咲きの男・北はり磨 新入幕への思い
幕内:【解説】正面 舞の海秀平  向正面 立田川親方(豊真将)
   【アナウンサー】大坂敏久 【東西リポート】刈屋富士雄、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】佐藤洋之

「四日目」7月13日(水)
幕下:【解説】正面 松ヶ根親方(玉力道) 向正面  【アナウンサー】船岡久嗣
十両:【解説】振分親方(高見盛) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】
中入り「新十両紹介 大輝(埼玉・八角)
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 雷親方(垣添)
   【アナウンサー】太田雅英 【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】三瓶宏志

「五日目」7月14日(木)
幕下:【解説】甲山親方(武雄山) 【アナウンサー】岡崎太希 【リポート】三瓶宏志
十両:【解説】玉垣親方(智乃花) 【アナウンサー】佐藤洋之 【リポート】藤井康生
中入り「新十両紹介 志摩ノ海(三重・木瀬)
幕内:【解説】正面 春日野親方(栃乃和歌) 向正面 不知火親方(若荒雄)
   【アナウンサー】吉田賢 【東西リポート】船岡久嗣、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】阿武松親方(益荒雄) 【アナウンサー】大坂敏久

「六日目」7月15日(金)
幕下:【解説】正面 振分親方(高見盛) 向正面 白岩(若者頭)  【アナウンサー】戸部眞輔
十両:【解説】枝川親方(蒼樹山) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】刈屋富士雄
中入り「名古屋 綱取りの記憶
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 宮城野親方(竹葉山) 
   【アナウンサー】沢田石和樹  【リポート】大坂敏久
ラジオ第一:【解説】境川親方(両国) 【アナウンサー】藤井康生

「七日目」7月16日(土)
幕下:【解説】小野川親方(大道)  【アナウンサー】大坂敏久 【リポート】太田雅英
十両:【解説】鳴戸親方(琴欧洲) 【アナウンサー】戸部眞輔 【リポート】三瓶宏志
中入り「関取訪問 千代の国」
幕内:【解説】正面 境川親方(両国) 向正面 西岩親方(若の里)
   【アナウンサー】佐藤洋之 【リポート】吉田賢
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】刈屋富士雄

「中日」7月17日(日)
幕下:【解説】稲川親方(普天王) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】佐藤洋之
十両: 【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】藤井康生
中入り「ゲスト 元プロ野球選手・山本昌さん
幕内:【ゲスト】山本昌 【解説】大島親方(旭天鵬) 【アナウンサー】船岡久嗣 
        【アナウンサー】刈屋富士雄 【東西リポート】刈屋富士雄、三瓶宏志
ラジオ第一:【解説】伊勢ヶ濱親方(旭富士) 【アナウンサー】吉田賢

「九日目」7月18日(月・祝)
幕下:【解説】正面 大山親方(大飛) 向正面 栃乃藤(若者頭) 【アナウンサー】三瓶宏志 
十両:【解説】立田川親方(豊真将) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】白崎義彦
中入り「大相撲今昔物語〜昭和41年〜」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭 向正面 中立親方(小城錦) 
   【アナウンサー】藤井康生 【東西リポート】太田雅英、船岡久嗣
ラジオ第一:【解説】春日野親方(栃乃和歌) 【アナウンサー】戸部眞輔

「十日目」7月19日(火)
幕下:【解説】正面 枝川親方(蒼樹山) 向正面  花ノ国(若者頭) 【アナウンサー】厚井大樹
十両:【解説】三保ヶ関親方(栃栄) 【アナウンサー】吉田賢 【リポート】太田雅英
中入り「きょうイチ押しの取組は」
幕内:【解説】正面 舞の海秀平 向正面 谷川親方(北勝力)
   【アナウンサー】白崎義彦   【東西リポート】戸部眞輔、藤井康生
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭西岩親方(若の里) 【リポート】船岡久嗣

「十一日目」7月20日(水)
幕下:【解説】正面 清見潟親方(武州山) 向正面  琴千歳(若者頭) 【アナウンサー】戸部眞輔
十両:【解説】大島親方(旭天鵬) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】吉田賢
中入り「終盤の優勝争いをうらなう
幕内:【解説】正面 陸奥親方(霧島) 向正面 阿武松親方(益荒雄)
   【アナウンサー】太田雅英  【東西リポート】白崎義彦、刈屋富士雄
ラジオ第一:【解説】西岩親方(若の里)北の富士勝昭 【アナウンサー】藤井康生

「十二日目」7月21日(木
幕下:【解説】正面 雷親方(垣添) 向正面 福ノ里(若者頭) 【アナウンサー】船岡久嗣
十両:【解説】松ヶ根親方(玉力道) 【アナウンサー】刈屋富士雄 【リポート】三瓶宏志
中入り「優勝争いを左右するきょうの一番
幕内:【解説】正面 芝田山親方(大乃国) 向正面 二十山親方(栃乃花)
   【アナウンサー】吉田賢  【東西リポート】太田雅英、白崎義彦
ラジオ第一:【解説】舞の海秀平 【アナウンサー】厚井大樹

「十三日目」7月22日(金)
幕下:【解説】富士ヶ根親方(大善) 【アナウンサー】太田雅英 【リポート】船岡久嗣
十両:【解説】甲山親方(大碇) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】刈屋富士雄
中入り「各段優勝力士 喜びのインタビュー
幕内:【解説】正面 伊勢ヶ濱親方(旭富士) 向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】三瓶宏志 【東西リポート】厚井大樹、吉田賢
ラジオ第一:【解説】北の富士勝昭 【アナウンサー】藤井康生

「十四日目」7月23日(土)
幕下:【解説】立田川親方(豊真将) 【アナウンサー】白崎義彦 【リポート】
十両:【解説】谷川親方(北勝力) 【アナウンサー】船岡久嗣 【リポート】
中入り「」
幕内:【解説】正面 尾車親方(琴風)   向正面 阿武松親方(益荒雄)
   【アナウンサー】刈屋富士雄  【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】玉ノ井親方(栃東) 【アナウンサー】吉田賢

「千秋楽」7月24日(日
幕下:【解説】山分親方(武雄山) 【アナウンサー】三瓶宏志 【リポート】
十両:【解説】高崎親方(金開山) 【アナウンサー】厚井大樹 【リポート】 
中入り他「優勝力士・三賞力士インタビュー」
幕内:【解説】正面 北の富士勝昭  向正面 舞の海秀平
   【アナウンサー】藤井康生  【東西リポート】
ラジオ第一:【解説】関ノ戸親方(岩木山) 【アナウンサー】太田雅英

五月場所は実況解説一覧が更新できず申し訳なく・・・
後出しで名古屋場所前に、と思っていたのですが結局それも実現できず、でした。

今回の名古屋場所もすでに序盤戦最終日となってしまいましたが、なんとか更新と相成りました。
私としては超男前デー、十一日目の陸奥親方&阿武松親方デーが大変大変気になります。
そして伊勢ヶ濱vs舞の海はどのような解説に・・・!?

七日目、癒しペアの境川親方&西岩親方幕内解説も楽しみであります!

序盤からすでに波乱続きで優勝戦線が絞られんとしておりますが、連勝街道の平幕も割って入ってそのまま中盤戦へともつれ込んでほしいですね。

日馬富士、もう鬼門デーは過ぎた!一日一番!!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

にほんブログ村

« 瞬迅、名古屋場所で引退の発表に… | トップページ | H28(2016)年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

いやあ早いもので大相撲名古屋場所も明日から終盤戦で、幕内の優勝争いも2敗(白鵬、日馬富士、稀勢の里、宝富士、高安)になりましたが、何より稀勢の里の今日の負け方で明日の勢との取り組みが心配。また、白鵬も足の具合に心配ありだし日馬富士も終盤に崩れる傾向が多いので2敗の宝富士対高安(どちらかが3敗)になったとしても優勝の可能性がないとも言い切れないですね。

大相撲名古屋場所=明日から終盤戦さん>

本当に早いですよね、場所が始まった途端に!
中盤戦最終日、ついに優勝ラインが下がってしまいました。
白鵬に加え、まさかの田子ノ浦部屋&伊勢ヶ濱部屋各2名が並走という妙な展開になってしまうとは。
これでは一番安定しているのが宝富士なのでは!?という気がしてしまいます。白鵬の相撲内容が体調と無縁ではないようですし。
今後の割をひもとく気力はありませんが、この調子だと優勝者は12勝3敗、あるいは大混戦になって11勝4敗となる可能性も!?
・・・3敗まで、と言い切れないところがやきもきの終盤戦です。

それにしてもな千代の国の大活躍。最近大相撲ファンになった皆さんの心を鷲掴みにしてしまったのでは?あと五日、怪我のないよう最後までとりきってほしいと相変わらず願い続けております。
遠藤、琴勇輝とついに初日が出た十日目でした。加えて宇良には毎日毎日驚かされますが、今日の「俵を味方に」戦法には度肝を抜かれました(苦笑)阿夢露が立合いどうしていいかわからず止まってしまって「ああ、かわいそう・・・」と思ってしまいました。阿夢露、さすがに宇良に居反りを出させませんでしたが(^_^;)

舞の海、明日のラジオと十三日目と千秋楽の向正面解説か。
十日目、松鳳山に敗れた稀勢の里について、アナウンサーに振られても無言だった「解説者」舞の海さんが、残り4日で3回も解説するのか。
青汁飲みすぎて休場してくれないかなあ。今場所だけでいいから。

稀勢の里、明日正代か。
アゴ上げて胸出して両差し狙う「やかましくない高見盛」こと正代だけど、なんか得体の知れない力士で、ちょっと怖い。
まあ勝ったとしても、残りは日馬富士・白鵬・豪栄道だ。もう黙って見守るしかないんだけど、舞の海がうるさいんだろうなあ。

いやあ早いもので大相撲名古屋場所も明日で残り三日になりました。そして、白鵬が久々に三敗をしましたが相撲内容から見て稀勢の里は日馬富士と白鵬、豪栄道戦で自分の厳しい攻めをくりだせば16年ぶりの日本人横綱?でも混戦が得意な日馬富士も6場所ぶりの幕内最高賜杯を全力で取りにきそうで怖いです。

明日十三日目の日馬富士vs稀勢の里、日馬当たって左に動いて左上手投げ(勝手に名づけてハルマスペシャル)でジ・エンドちゃうの?
でも、さすがに3日続けてはやらないか。

明日、向正面の舞の海のマイク切っといて下さいNHK様。組長の解説だけでいいです。
まあ、稀勢の里負けたら静かになるだろうけど。

いやあ早いもので大相撲名古屋場所も早いもので明日と明後日で終了。今日の日馬富士vs稀勢の里戦(自分の得意な体勢にすぐになった日馬富士)が強かった。でも、明日(白鵬)、千秋楽(豪栄道)との残り二番が稀勢の里は大事に(12勝3敗、11勝4敗)とでは秋場所の話題で綱取りが継続するのか一からやり直しになるのか違いがあるからです。

日馬富士、前日と前々日左上手取りにいったのは、今日の稀勢の里戦の伏線だったのか。
右の前ミツ早かった。日馬富士のベストバウトだ。
こんな相撲取られたら、稀勢の里勝てるわけないけど、優勝と横綱は絶望ですな。

組長、ボソボソと的確なことを指摘する人で、上司にするとコワいタイプですね。
舞の海がおとなしくて良かった。これからは舞の海より年上先輩の親方(「漢・境川」とか)を正面解説に置くようにお願いしますねNHKさん。

shin2さん>

遅くなってしまい申し訳有りません。
今日は正面解説席が伊勢ヶ濱親方だったおかげで、舞の海氏もかなり慎重でしたね。ホッとした・・・
これで万一、今日ラジオ解説だった北の富士さんが千秋楽に本当に休場してしまい、正面にもしやの技のデパートが座ってしまったら???なんてことはないとは思いますが、一抹の不安を感じております。なんとなく。

正代戦も危うかったし、そもそも全般的に立合いの時の稀勢の里の構えが私にはどうしても気になります。
横綱になった人たちはやはり立合いの構えも美しいし、その形が理にかなっているように思えるのですが、なにか稀勢の里は・・・私だけなんでしょうかそう考えるのは?
(やはり嫁取りを先にしろ、まわしが恋人なんて言ってないで妻を娶れ!!!しか出てこない!!!)

日馬富士、さすがに三日続けての日馬富士SPは出さないだろうと私は信じていました。いつも横綱大関戦に照準を合わせるように前日・前々日を練ってきますから。
とはいえ魁聖戦にしても立合い魁聖の肉に思いっきり頭が埋もれてましたし、この横綱「尋常じゃないモード」に入ってきたな、と。
明日から二日ともリアルタイムで見られないのですが、この集中力をそのまま最後まで保ってスピードと巧さの相撲を貫き通してほしい。
今日の日馬富士の気合い。ニュース7で見た支度部屋の様子は、日馬富士初優勝のあの2009年五月場所優勝決定戦を彷彿とさせるものがありました。今では経験に裏打ちされた、自信に満ちた貫禄を感じましたが・・・
その支度部屋から出てきた、汗ビッショリの日馬富士。土俵上で準備した全てを出し切った日馬富士。横綱・日馬富士の真骨頂を見せた、素晴らしい結びの一番でした。
キセ、無理に微笑んでいる場合じゃないよ・・・そういう状況自体が心技体にズレを持っている姿なのでしょう。目パチパチの時よりはずっとましなのかもしれませんが。だから一皮剥けるためにも結婚せよ!

組長の解説、おっしゃる通りでボソボソ話し続ける割には他の親方衆が全く指摘しないような鋭い技術解説をしており、さすが違う・・・と恐れ入りました。
照ノ富士、今のうちに師匠を最大限活用してほしいものです。
宝のような親方たちが突然この世を去ってしまう中、現役力士たちは「師匠がいて当たり前」という慣れの姿になってほしくない。自分の年齢だってあっという間に若くなくなっていくのだし。とにかくハルオは怪我を早く治して!!(勝ち越せるのかなあ・・・豪栄道戦ではあんな変化で勝ちに行って・・・)

ポケモンGO上陸の日となりましたが、我らが角界のGO太郎は本日まさかの腰砕け・・・明日・明後日は不気味な存在ナンバーワンです(そして明日の貴ノ岩vs宝富士は果たして・・・?)。

大相撲名古屋場所=優勝争いも日馬富士と稀勢の里?さん>

あっという間に残り二日となってしまいましたね。
稀勢の里はとにかく明日!明日です!したたかな白鵬にどれだけ迫れるのか?凌駕できるのか?
もう余計なことは考えず、リラックスしようしようと考えず、白鵬の顔をただの白鵬マスクと思って集中してイケー!
・・・とはいえ、自分が稀勢の里の立場だったら、なんでも構わずやる白鵬は本当に嫌で嫌でしょうがなくて無意識に立合い腰が引けちゃうかも・・・いやでも稀勢の里、あなたはプロなんだから!!!叩き上げ日本人力士の意地を見せよ!!

とにかく納得の結びの一番の内容が見たい。見ている方が消化不良の妙な内容だけは勘弁です。

いやあ早いもので大相撲名古屋場所も早いもので明日で終了。ある意味で明日千秋楽(豪栄道)との残り一番が稀勢の里は大事に(12勝3敗、11勝4敗)とでは秋場所の話題で綱取りが継続するのか一からやり直しになるのか違いがあるからです。PS 日馬富士には悪いですが明日は白鵬を応援させていただき、日馬富士、稀勢の里、貴ノ岩の三人での優勝巴戦が見てみたい。来場所は、幕内下位力士と十枚目の上位力士(8名昇格、8名陥落=遠藤の十枚目も明日勝ち星をあげ4勝11敗又は3勝12敗)とでは大きな違いが起きそうですね。

日馬富士が絶好調だ。ヒジの手術以降、最高の状態じゃないのか。
で、白鵬はヤル気なし、っと。
もう普通に日馬が白鵬に勝って優勝でしょう。

稀勢の里なあ……とにかく「今日勝って」とかいう条件が付いて、勝てたためしがない。
審判部の皆様は、なんとか理屈をつけて稀勢の里を横綱にしたいらしいが、時間のムダだと思う。

館内のヤジ、じゃないコールと、舞の海の「12勝3敗を6場所続ければ優勝しなくても横綱に昇進させてもいいと思うんですよいかがですか北の富士さん」とかいう、頼むから黙っていてくれ青汁飲んでゴマ喰っていてくれ、という解説じゃないしゃべり散らかし、に悩まれそうです。

大相撲名古屋場所=優勝争いも日馬富士と稀勢の里、平幕 貴ノ岩さん?さん>

昨日の貴ノ岩の相撲を見ていないのですが、見ている側としては確かに巴戦は一度はこの目で見てみたい気がします。
だがしかし!!日馬富士にとって季節が味方してくれるこの季節、私は何としても日馬富士に今賜杯を抱いてもらいたい!初場所の琴奨菊のように、今場所賜杯を抱く資格がある内容の相撲を見せているのは日馬富士ただ1人です。
リアルタイム、今日も見られませんが、白鵬の無気力相撲、勝ってナンボの相撲だけは見ることになりませんように。

shin2さん>

本当に久しぶりに気力の塊とそれに体がついていく日馬富士を見る思いです(T_T)
白鵬、どうなのでしょうね。千秋楽に本人も周囲も(勝っても負けても)納得いく横綱としての相撲をお願いしたい。豪栄道戦の手かざしは手負いだからといってどうなんでしょう?
ひとまず立合いでお茶を濁す自体が起きませんように。

私は友人から審判部の話を聞いて仰向けにすっ転びそうになりました。暗黒組織の始動ですか?
ここまでして何を角界は求めているのか?メンタルが伴わない大関を上に上げて、苦しむのは本人です。優勝は2回してからにしてほしい。と個人的には思っています。確かに直近3場所(今場所込み)の勝ち星総数を考えれば横綱になってもおかしくない。でも優勝を味わったことがあるのかないのかは大きな大きな違い。内容だって今場所は綱渡り。稀勢の里、最後に文字通り綱を一本渡り終えるかどうか皆の前で試してみたらどうでしょう。綱を支えきれる人たちがいるかどうかはわかりませんが。

正面解説席に空きがないことを祈りつつ。ひとまず最後までわからない状況だから出席かな(笑)

いやあ早いもので大相撲名古屋場所=優勝は日馬富士の閉幕からはや二週間が経過してしましたね。また、今現在、リオデジャネイロ夏季五輪の競技も五日目に入りましたし(太田雅英、佐藤洋之、三瓶宏志)現地に行っているアナウンサー三人は何の被害もあっていないようなので安心していますし残りの11日間何の被害にもあわないことは祈りますし、日本では高校野球選手権が今日でやっと三日目が終了(小林 陽広、戸部 眞輔、藤井 康生、三輪 洋雄アナウンサーがテレビ、ラジオ実況)を担当、(岡崎太希、角谷直也、高木優吾、高山大吾アナウンサー)が応援メッセージ紹介、アルプススタンドレポートを担当されていたのですね。また、大相撲 夏場所新番付発表まで三週間をきり9月11~25日は大相撲秋場所=稀勢の里にとっては大事な場所があっという間にきてしまいますね。そして、9月場所後の理事会では来年の初場所からの呼び出し、行司さんの昇格も話されるのですね。最後に(夏場所後に死去された第2代 九重親方=秋元貢さん)を追悼させていただきます。

いやあ早いもので大相撲秋場所まで一週間をきってしまいましたね。また、三代目 九重(元大関 千代大海)の師匠の先代 九重親方(元横綱 千代の富士)の死去からもあっと言う間に二ヶ月が過ぎてしまったのですね、そして、今場所の幕内の優勝争いも横綱審議委員会稽古総見を見た限りだと日馬富士中心になりそう(白鵬は休場?鶴竜も休場明け、稀勢の里も調子がいまいち、琴奨菊と豪栄道はカド番、照ノ富士も好調時と不調時と両極端が激しすぎる)ので両関脇の 高安と宝富士 、小結 栃煌山と若手力士に期待します。なので毎回のお願いではありますが、NHK大相撲のゲスト情報 正面解説、向正面解説、正面実況の一覧の方の掲載お願致します。

いやあ早いもので大相撲秋場所まで残り五日になりましたね。また、三代目 九重(元大関 千代大海)の師匠の先代 九重親方(元横綱 千代の富士)の死去からもあっと言う間に二ヶ月が過ぎてしまったのですね、そして、今場所の幕内の優勝争いも横綱審議委員会稽古総見を見た限りだと日馬富士中心になりそう(白鵬は休場?鶴竜も休場明け、稀勢の里も調子がいまいち、琴奨菊と豪栄道はカド番、照ノ富士も好調時と不調時と両極端が激しすぎる)ので両関脇の 高安と宝富士 、小結 栃煌山と若手力士に期待します。なので毎回のお願いではありますが、NHK大相撲のゲスト情報(七日目は柔道の原沢選手、九日目はまだ未定なのですか?) 正面解説、向正面解説、正面実況の一覧の方の掲載お願致します。

いやあ早いもので大相撲秋場所まで残り四日になりましたね。また、三代目 九重(元大関 千代大海)の師匠の先代 九重親方(元横綱 千代の富士)の死去からもあっと言う間に二ヶ月が過ぎてしまったのですね、そして、今場所の幕内の優勝争いも横綱審議委員会稽古総見を見た限りだと日馬富士中心になりそう(白鵬は休場決定。鶴竜も休場明け、稀勢の里も調子がいまいち、琴奨菊と豪栄道はカド番、照ノ富士も好調時と不調時と両極端が激しすぎる)ので両関脇の 高安と宝富士 、小結 栃煌山と若手力士に期待します。なので毎回のお願いではありますが、NHK大相撲のゲスト情報(七日目は柔道の原沢選手、九日目はまだ未定なのですか?) 正面解説、向正面解説、正面実況の一覧の方の掲載お願致します。

いやあ早いもので大相撲秋場所まで残り四日になりましたね。また、三代目 九重(元大関 千代大海)の師匠の先代 九重親方(元横綱 千代の富士)の死去からもあっと言う間に二ヶ月が過ぎてしまったのですね、そして、今場所の幕内の優勝争いも横綱審議委員会稽古総見を見た限りだと日馬富士中心になりそう(白鵬は休場決定。鶴竜も休場明け、稀勢の里も調子がいまいち、琴奨菊と豪栄道はカド番、照ノ富士も好調時と不調時と両極端が激しすぎる)ので両関脇の 高安と宝富士 、小結 栃煌山と若手力士に期待します。なので毎回のお願いではありますが、NHK大相撲のゲスト情報(七日目は柔道の原沢選手、九日目はまだ未定なのですか?) 正面解説、向正面解説、正面実況の一覧の方の掲載お願致します。

いやあ早いもので大相撲秋場所前日の土俵祭りですね。また、三代目 九重(元大関 千代大海)の師匠の先代 九重親方(元横綱 千代の富士)の死去からもあっと言う間に二ヶ月が過ぎてしまったのですね、そして、今場所の幕内の優勝争いも横綱審議委員会稽古総見を見た限りだと日馬富士中心になりそう(白鵬は休場決定。鶴竜も休場明け、稀勢の里も調子がいまいち、琴奨菊と豪栄道はカド番、照ノ富士も好調時と不調時と両極端が激しすぎる)ので両関脇の 高安と宝富士 、小結 栃煌山と若手力士に期待します。なので毎回のお願いではありますが、NHK大相撲のゲスト情報(七日目は柔道の原沢選手、九日目はまだ未定なのですか?) 正面解説、向正面解説、正面実況の一覧の方の掲載お願致します。

長いこと記事更新もなくコメント返信もなしで申しわけありません・・・
あっという間の2ヶ月でした。
果たして稽古総見通りの展開となるのか?どんなことが待ち受けているのやら、皆目検討がつきません。
白鵬・逸ノ城・豊ノ島の休場の中、ある意味優勝経験のない力士たちにも優勝のチャンスがある場所ともいえそうですが・・・
安美錦の休場情報がなく取組情報が組まれていることに仰天しております・・・(しかもいきなり初日から我がご当所力士・朝弁慶との対戦とか!!!)
NHK番組表をもとにこちらの一覧も作成しているので、リソースに記載がない限りは私にも九日目のことはなんともいえません。
なんとか間に合うように9月場所9月場所一覧、がんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/63901163

この記事へのトラックバック一覧です: H28(2016)年大相撲七月場所(名古屋場所):NHK大相撲中継解説者一覧:

« 瞬迅、名古屋場所で引退の発表に… | トップページ | H28(2016)年大相撲九月場所(秋場所):NHK大相撲中継解説者一覧 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード