« 平成29年(2017年)大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | H29(2017)年大相撲春場所十四日目終了ですがそれよりもコアなフリーペーパーが »

2017年3月19日 (日)

H29(2017)年大相撲三月場所中日:田子ノ浦茨城ペア全勝折り返し

白鵬・豪栄道・千代鳳と、毎日のように休場者が続き胸を痛めていましたが、元気な力士は元気。
まだまだ勝負はこれから、見所は続く。
今日は高安・稀勢の里揃って若干腰高で、ひやりとさせる場面がありました。勢と松鳳山がそれぞれ健闘したともいえるのでしょうが・・・まずは明日の大一番、琴奨菊vs稀勢の里が楽しみ。

日馬富士も昨日から調子が戻ってきた感。足元バタバタで序盤はハラハラ。このまま2敗堅守を!!!
照ノ富士もいきなり復活してこれがもう嬉しいのなんの。六日目の高安戦(黒クマvsホッキョクグマ、みたいな)では高安の立合いに度肝を抜かれショックを受けましたが、ハルオしっかり持ち直して翌日にはタケコ@豪風を吊り上げ今日は御嶽海を圧倒、1敗をキープ!カド番脱出まであと1勝!(明日は勢戦。勢、右腕は大丈夫だろうか?)
照強・千代の国も頑張っていて嬉しい。怪我しませんように。

稀勢の里は一皮剥けた!と日々感じつつ、絶賛され続けている高安については私は個人的にはまだ半信半疑。
制限時間いっぱいで落ち着きすぎた表情が逆に心配になってしまうクチです(^_^;)
怪我をすると途端に相撲が消極的になるのもこれまで何度となく見てきているので、キセのこれまでの忍ぶ姿と比べると説得力がいまひとつ、なんですよね・・・(ごめん高安)

でも日馬富士が高安に勝つ姿は想像できない。どうしよう。

何はともあれ、最後まで興味尽きない後半戦になりますよう。

« 平成29年(2017年)大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | H29(2017)年大相撲春場所十四日目終了ですがそれよりもコアなフリーペーパーが »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

スポチアさん> 吉田賢アナは大分放送局へ異動教えてくれてありがとう。おまけに、13・14日目の幕内実況は太田雅英アナが連日担当ではなく解説委員、刈屋富士雄アナになっております。千秋楽はの三瓶宏志(こうし)アナが担当・・・。いよいよ、大相撲実況アナも世代交代のときが来たのかもしれませんね・・・。ちなみに、佐藤洋之アナと戸部眞輔アナが今大会のセンバツ班に入っています・・・。

蒔右絵門さん>早いもので九日目も終了。そして、田子ノ浦茨城ペア全勝折り返し、カド番脱出 照ノ富士と平幕 栃煌山が1敗で2敗に 鶴竜、平幕 千代翔馬が追いかける展開。また、稀勢の里と高安は1、2敗の 照ノ富士、上位陣に当たらない栃煌山、2敗の鶴竜、千代翔馬と取り組みが組まれてならず鍵をにぎっていそうな感じが?また、十三日目 太田雅英でなく刈屋富士雄アナです。

埼玉(酉年)さん>

記事訂正、ありがとうございます。

今日になって思わぬ展開となってしまい、明日の稀勢の里の判断結果が今から心配です・・・
日馬富士は昨日に引き続き、心技体を一つにした素晴らしい最高の相撲を見せてくれたのに、後味の悪い幕切れになってしまいました。

春という季節はもともと天候不順ですが、土俵上も一番一番何が起こるかわかりません。
荒鷲も昨日、稀勢の里との対戦で捻挫し今日の13日目から休場となってしまいました。
残り二日間ですが、稀勢の里は長く綱を張ってもらうことを第一に考えて明日のことは判断してほしいですし、出場している他の力士たちが皆無事に千秋楽までとりきれるよう願うのみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/65036012

この記事へのトラックバック一覧です: H29(2017)年大相撲三月場所中日:田子ノ浦茨城ペア全勝折り返し:

« 平成29年(2017年)大相撲三月場所(春場所・大阪場所):NHK大相撲中継解説者一覧 | トップページ | H29(2017)年大相撲春場所十四日目終了ですがそれよりもコアなフリーペーパーが »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード