« H29年大相撲五月場所三日目:四横綱安泰(鶴竜&照ノ富士初白星、豪栄道2敗目) | トップページ | H29年大相撲五月場所五日目:鶴竜休場、出場横綱大関陣安泰・高安5連勝 »

2017年5月17日 (水)

H29年大相撲五月場所四日目:2大関安泰も鶴竜3敗目・稀勢の里2敗目

遠藤がアンケート1位。そう・・・稀勢の里戦。

昨日は「普通なら土俵を割っていた」稀勢の里。
今日は「普通なら叩き込めば決まるはず」と一瞬頭の中をあらぬ考えがよぎってしまったであろう稀勢の里。
突き押しで攻めた遠藤。が、稀勢の里の応戦で右足が急にずるっと後ろに下がった!体は前のめりに急にガクッと落ち、そのままバタリと倒れそうなほど(見てる方は「ああっ膝がつくっ!」と確信したぐらい。)。そこで勝負をつけようと遠藤の後頭部をまともに引いてしまった稀勢の里。遠藤、土俵中央から東へ走って稀勢の里を押し出し。
遠藤の余計な力が入っていない相撲が、こういう時に生きてしまうんですねえ・・・体が柔らかいし。
横綱になって初の金星配給。しかしさすがに座布団が飛ぶ様子は見られず(白鵬戦も残っていた、というのもある・・・のか)。

遠藤の大銀杏は今場所、心なしか割れ方がハッキリしております。

もう明日と中盤戦は磐石でいかねばキセ!

今日は左のケガなんて関係ない!(ある意味関係あるとしても関係ない!あったのは「横綱は勝たなければ」の焦りの心だろうおそらく)

しかし稀勢の里とは別次元で相撲自体が崩れている鶴竜。相手が嘉風だっただけにここを乗り切る(なんて言葉を使うのもおかしな話ですが)か否かは大きかった。のに!
序盤で3敗とは・・・

日馬富士は千代の国をスピード相撲で一蹴。四日間、完璧な内容の鋭さで4戦全勝。
国ちゃん、四日間横綱戦お疲れ様でした。コメント通り貴重な経験だったね。「また明日から頑張ります」の言葉、額面通りに受け取るよ!

白鵬は隠岐の海戦。互いに右四つ、そこからじっくり左上手を(それこそジリジリと)探りながら先に一枚掴む白鵬、がぶり寄りの末低い腰で隠岐の海を寄り切り。
ようやく隠岐の海のおかげで白鵬の四つ相撲が見られた!

大関陣が安泰だっただけに、横綱の安泰も夢想してましたが・・・夢に終わった四日目でした。白鵬が結びで締めてくれたのが不幸中の幸いか。
照ノ富士の豪快な右すくい投げ(千代翔馬戦)、若手の大栄翔を立合いからして勝った豪栄道(大栄翔、引いてしまった)。

明日の横綱大関の取組表を見ると・・・う・・・うーん・・・明日も安泰は・・・全く確信できません。
千代の国vs豪栄道。照ノ富士vs琴奨菊。御嶽海vs白鵬。
この三番がなあ・・・。

関脇以下では、琴奨菊についに初日。玉鷲をがぶり寄りで寄り切り!

そしてなんといっても御嶽海vs高安が白眉でした。あの高安の立合いに当たり負けしなかった御嶽海!マジか!?と目を疑った。
しかもびくともしなかったどころか先に突っ張って攻めたは御嶽海。ではあったが落ち着いていた高安、タイミングよく首投げが決まった!
よく遠藤がゴム人形のような負け方をすることがありますが、今日は高安の強烈な首投げで御嶽海が「土俵に背中から叩きつけられるゴム人形」でした(汗)

でっかい碧山を押し倒して初日を出した豪風、よかった!

昨日褒めた栃煌山は勢戦でついに全勝から3勝1敗に(勢の大鼻血はもはや名物化している感・・・)。

阿武咲が頑張ってます。同じ新入幕の豊山をハツラツとした相撲で攻めた!(今日は新入幕インタビューもあり)

十両以下についてはこれまた色々ありますが割愛します。明瀬山の内容が良い2連勝!でもユルフンが・・・

あと一人。今日は水戸龍、プロの土俵で初白星。アマチュアでは体があるので攻められても受けられる相撲だったようで、今は前に出ることを意識している様子。ですが、やはりまだまだの感じ(に見えてしまう)。つる林を逆転小手投げで破りましたが、残り五番の内容にも注目ですね。

そういえば沢田石アナが「白鵬は毎日違う相撲を見せていますが」とコメントすると、解説の鳴戸親方(琴欧洲)「10回対戦して10回相撲が違いました。白鵬はそれが普通ですね」とキッパリwww

それにしても今日は栃煌山の黒星が悔しいなあ・・・
再十両の明生は今場所けっこういけそうな予感。安美錦も初めて前に出て勝つ相撲。乗ってくるか?

それから千賀ノ浦親方(隆三杉)、協議説明なんとかよろしくお願いします。日本語としてさっぱりわからなかったのは初めてです(^o^;)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H29年大相撲五月場所三日目:四横綱安泰(鶴竜&照ノ富士初白星、豪栄道2敗目) | トップページ | H29年大相撲五月場所五日目:鶴竜休場、出場横綱大関陣安泰・高安5連勝 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

遠藤のテーピングを見て、勝つかも?と思いましたが、本当に勝ちましたね~
稀勢の里は不意をつかれた感じですね(汗)
あれはもう仕方がないと諦めた方が良いと思います。

御嶽海の立ち合いが凄かった!!
高安のかち上げ対策、良く考えましたね。
高安も残り腰と諦めない気持ちが強かった。

鶴竜は、気持ちが弱っているのが何とも・・・(泣)
型が無い悲しさですね。

ところで白鵬は体力がかなり落ちて来ているように見えます。
長い相撲の後は、かなり疲れた表情です・・・

日馬富士は気持ちもノッて来るでしょう(*^_^*)
今日もカッコイイ相撲でした!!

ルードさん>

遠藤のテーピングは三日目の鶴竜戦から見えてましたが、日馬富士戦で土俵に落ちた時にまた痛めたのでしょうか。
あの相撲は私も仕方ないと思いました。稀勢の里にとってひとつ教訓になった一番かもしれませんね。

御嶽海の立合い、ルードさんの記事画像と説明でよくわかりました!
ありがとうございます。
御嶽海、年内に大関昇進しそうな勢いですね( ̄_ ̄ i)

鶴竜、結局休場となってしまいましたが「足関節離断性骨軟骨炎」、つい調べてしまいました。
関節の軟骨が剥がれてそのままにしておくと「ねずみ」になっていくそうですね。
それ以上に気持ちの問題という気がしていますが・・・。
器用で型がないと結局は精神的にも心もとなくなってしまうのでしょうね。
「こうなれば無敵!」を持つ力士は強い。
(そういう意味では高安も私には今ひとつよくわからない力士なんですけどね・・・馬力と反応力はありますが)

白鵬は短い相撲でも汗の吹き出し方が常軌を逸しているので、色々体に無理がありそうです。
下半身も最強だった頃より軽く感じますし。
しかし今場所こそ全日全うして横綱対決を見せて欲しい。

良い意味で一番期待を裏切られたのが日馬富士ですね!
何も言わずに土俵でこれまでの努力を余すところなく見せしめるかのようなザ・日馬富士の相撲を見せてくれて、毎日感動しています(泣)
(おいNHK、こういう相撲をどうしてニュースに流さないのさ!!!(-""-;))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/65292130

この記事へのトラックバック一覧です: H29年大相撲五月場所四日目:2大関安泰も鶴竜3敗目・稀勢の里2敗目:

« H29年大相撲五月場所三日目:四横綱安泰(鶴竜&照ノ富士初白星、豪栄道2敗目) | トップページ | H29年大相撲五月場所五日目:鶴竜休場、出場横綱大関陣安泰・高安5連勝 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード