« H29(2017)年大相撲名古屋場所二日目:明暗 | トップページ | 千秋楽を »

2017年7月22日 (土)

明日の碧山と日馬富士に期待します

H29年名古屋場所14日目。
早くも明日には千秋楽。

稀勢の里、鶴竜、照ノ富士、遠藤が早々に休場となり、どうなることかと危ぶまれた今場所でしたが、宇良がいて高安がいて嘉風がいて・・・と、結果的には話題多き毎日となりました。
返す返すも、二日目の正代vs日馬富士戦が本当に本当に悔やまれる。本当に!!!!あーーーーもう!!!!!
たられば厳禁とはいえ。
(でも二日目が終わった時点で色々心の中では正直覚悟してしまった私です・・・)

いざというときの日馬富士の底力を「またしても」目の当たりにしてきた今場所。上書きに次ぐ上書き。どれだけ命懸けなのか。
今日まででも十分ですが、やはり明日は「記録の上での大横綱」との千秋楽結びの一番が日馬富士にとっての大一番中の大一番。
千代の富士に土をつけた大乃国のように、「俺も横綱だ!」と存在感を示してほしい。

日馬富士の勝った内容の良さ。
大横綱の「勝てば官軍」の相撲での通算1049勝。
我々は、何を見て「ああ、お相撲っていいな」と感じるのでしょうか。数字でしょうか。
数字といえば、日馬富士も歴代通算7位の701勝(貴乃花に並ぶ)を達成しました。
「7」は日馬富士のラッキーナンバー(と勝手に思っている私)。
「7」を超えて、「小さな大横綱」の域に達するであろう横綱です。
白鵬を撃破した御嶽海を超える相撲を期待します。
あの横綱昇進を決めた5年近く(!)前の大一番を再び願います。
白鵬がそうさせてくれなくても安馬魂よ、日馬富士魂よ、全身全霊で!!!
そして対嘉風戦の碧山、漢を見せてくれ!!!
最後まで荒れる名古屋場所を!!!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« H29(2017)年大相撲名古屋場所二日目:明暗 | トップページ | 千秋楽を »

大相撲」カテゴリの記事

日馬富士(安馬)」カテゴリの記事

コメント

もし白鵬と碧山の優勝決定戦になっても、まあ白鵬勝つだろうけど、とりあえず千秋楽まで優勝争いが続いてるだけでもヨシとしましょう。
今場所は十日目の高安vs宇良がベストでしょう。おそらく後世まで語り継がれる名勝負だろうが、大相撲で30秒以上動きっぱなし、というのは体のダメージが半端ないんだろう。
宇良は右膝を負傷したが、高安も目に見えないダメージがあるのか、十一日目以降まるで精彩がない。
今日(十四日目)、白鵬は張り手カチ上げ叩きで豪栄道を仕留めた。ちゃんとした相撲取ってくれ、と言っても無駄か。1049勝の大横綱だ。
十五日間のスタミナ配分も大横綱の条件のひとつなんだろう、とボヤきながら、また高安vs宇良を見ようか。

全く同じ気持ちです。
初日からの連敗には「もしや・・・」と覚悟もしましたが、本当に凄い精神力!!
勝った内容も「さすが横綱!!」と思わせてくれる素晴らしい相撲です!!

誰かさんは、立ち合いで逃げてばかり。
かと思えばエルボー炸裂。
技も何もありゃしませんね~
こんな相撲だったら、平幕以下です。

千秋楽は、日馬富士に何が何でも勝って欲しい。
立ち合いの鋭さで当たり勝ちして欲しいです。
でも、先場所も目くらましの変化でしたよね・・・
あれをやられると、どうしようもない(汗)

まさか日馬富士は変化は出来ないし、ってかしないし・・・
当たりを逃げられて、どうやって勝てばいいのか?
何とかそこを攻略して欲しいです。

とったりで行くかなぁ。
疲れた頭で私が考えても、何にもならないですね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/65567062

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の碧山と日馬富士に期待します:

« H29(2017)年大相撲名古屋場所二日目:明暗 | トップページ | 千秋楽を »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード