« 明日の碧山と日馬富士に期待します | トップページ

2017年7月24日 (月)

千秋楽を

千秋楽を「気楽に」取れる横綱の心境って、わからない。
完全に未知の世界。
その気持ちの余裕。
「挑戦者」という気持ちは「横綱」という地位に縛られないうえで大きなキーワードなのかもしれない。
日本が「道」の根幹として大事にしてきた価値観と先入観を捨てた姿。変幻自在。
「勝つ」それが全てである姿。
もちろん、誰にもできない努力を否定するつもりはない。むしろ心より敬意を表したい。
けれども・・・と思う自分は「求めすぎ」なのだろうか。

39回も優勝し続けてきたからこそ到達できた姿と境地なのでしょう。
こんなにも過去の(いえ、過去のものにしたくはないけれど)横綱像に縛られないでいられることほど強いものはない。

サンデースポーツは見ていません。
優勝した日に失礼を承知で書きますが、将来的に「大横綱」の引き際がどのような形になるのか・・・
私は、数日前から白鵬のことを考える時、その来たる日を想像するだけとなっている気がします。
歴代横綱の引き際と一線を画すものであろうことは確かでしょう。すでに一線を画する存在なのだから。

翻って西の横綱・日馬富士。
「気楽に」という言葉が誰よりも似合わない力士中の力士。
横綱、千秋楽の結びまで「日馬富士」の姿を見せてくださりありがとうございます。
文字通り精も根も尽き果てるまで戦い抜いた15日間、今になってこみ上げすぎるので、正直深く考える気力もありません。
日馬富士という力士が千秋楽の土俵に立っていることが、どんなにありがたかったことか。
身体が根を上げていても、頭脳と精神力と魂が場所を追うごとに輝きを増していくのは何故なのでしょうか。
この世への感謝を常に忘れず、与えられた体を神様にお返しするまで使い切ろうとする懸命の姿ほど神々しいものはありません。

九月場所を15日間取り切れば、ちょうど5年という節目。
名古屋場所が終わったこの日にそんなことを考えるのもフライングですが、来場所も「大横綱に21回勝った」横綱の矜持が見られることを切に願いつつ。
まずは心と体をゆっくり休めて、出し切った命に栄養を。
解説席で師匠が口にした言葉「まだまだ優勝できる」を信じています。そのためにも頑張ってくれた身体を存分に労ってあげてくださいね。

コメント返信できておらず申し訳ありません。
後日返信させていただきます。
先場所のように記事は書けませんでしたが(場所後記事も結局書きかけのまま放置状態です・・・)、今場所も大変お疲れ様でした&ありがとうございました。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

« 明日の碧山と日馬富士に期待します | トップページ

大相撲」カテゴリの記事

日馬富士(安馬)」カテゴリの記事

コメント

千秋楽の結びが終わったとたん、いつもの場所とは少し違う虚脱状態になってしまって
スローの再生を見た後は表彰式も見ず、モタモタと夕食準備に取り掛かりました。
ところが、食べ始めてしばらくすると、なんか突然、爽やかな気分に満たされてきたのです。
だって!
これ以上何も望むものはない、最高の生き方を日馬富士関は見せてくれました。
なんてすごい横綱なんだろう!

昨日取組を終えた後の支度部屋で、初日2日と連敗して
「先が見えなかった」と言っているのを知ってびっくりしました。
3日目からの相撲は、とても先が見えなくなっている人の相撲ではなかったです。
冷静な集中力と気迫で、勝つのが当たり前の横綱相撲でした。
そして幕内通算700勝をした日の「今まで当たってきた相手に感謝です」と言う言葉!
あの数字的大横綱のどこを絞ったって出てくるわけの無い言葉!

ところで我が家では今場所からあの数字的大横綱を『ZKG69』と呼んでます。
「ずらし・かちあげ・ガッツポーズの69代」の略です。
このZKG69が魁皇の記録を破る頃、テレビ中継の解説者やアナウンサーが
やたら彼の稽古を誉めていましたが、
彼らはいつどこでどれほどそれを見たことがあるのでしょう?
北の富士氏は横審総見と各場所前にせいぜい1回でしょう?
あれだけの体を作ってきたのだし、数字も上げているのだから
大変な努力をしていることは疑いません。
私は毎年の横審総見稽古と年1回程度巡業の朝稽古を見ているだけですが、
確かにZKG69は誰よりもたっぷりすり足を繰り返しています。
大きな音をたててこれみよがしに(個人の感想です)。
で、いきなり平幕力士が申し合いをしている最中に土俵にあがり
1人を集中的にかわいがって、やりたいだけやると、さっさと帰っていきます。

我らの日馬富士関は、四股やすり足の量はZKG69より少ないです。
でもずっと土俵脇にいて、土俵上の若手を鋭い声で叱咤し続けるし、
一番驚くのは、自分が持ってきたトレーニング道具を下の力士に使わせ、
「この筋肉を意識して、こう動かせ」というように
相手の体に触れながら丁寧に教えるのですよね。
日馬富士関を含めた数人が順番に道具を回して訓練する様子は
すっかり巡業のなじみの風景になった感じです。
横綱が今回は誰に声をかけるのか見るのも楽しみだし、
声を掛けられなかった力士が、少し離れたところから
うらやましそうにじっと見ているのを見るのも面白いです。
(自分から横綱に声をかければ、喜んで使わせてくれるでしょうに!)

ZKG69は力士たちにとっては有無を言わせない大きな存在でしょうから
その影響は大きいのでしょう。
そしてその影響が、私から相撲を見る喜びの大きな部分を奪ってしまったと
今場所新たに思いました。と言うか、確信しました。

大相撲は、なんと殺伐とした競技になってしまったのでしょう。
もう大砂嵐のカチアゲは完全解禁なのですね?
当たり前ですよね。誰に止められるでしょう。
立合いの駆け引きの醜さも、そこから派生したもののような気がしてなりません。
これから出てくる白鵬時代しか知らない若い子たちが、
「当たった相手に感謝します」
と自然に心から言える相撲界になるのでしょうか?

何か、色々なことを考えさせられる場所でしたね。
贔屓力士のケガや休場で、ツラい場所だったファンの方も少なくないでしょう。
あっという間に長い長い巡業が始まります。
皆さん1日も早くケガが治りますように。心も体も充分休めますように。

そうだ!
日馬富士関の新しい浴衣、チェックされました?
最終盤で付け人さんたちが来ていたと思うけど
藤色の地に、たぶん横綱のお子ちゃまたちが描いたのではないかと思われる
クレヨン画をいっぱい貼り付けたようなもの。
も~~~これだけで日馬富士大好き!
そして私も親方の言葉「まだまだ優勝できる」を信じています!
蒔右絵門さん、15日間おつかれさまでした!

おつかれさまでした!

蒔右絵門さんの記事、そしていくさんのコメント、論文発表したいくらいです!!!

15日間の激闘を戦い抜いた力士たちに、まずは感謝。

そしてわれらが横綱には、感動しましたね~!!
千秋楽はがっぷりになったらもうダメだ~と思ったのに、あそこまで頑張ってくれて涙が出そうになりました( ´;ω;`)ブワッ
そして、立ち合いはやっぱり、先場所と同じ目くらましからの変化・・・
完全に顔を覆われ、見えないのによくぞ身体が反応しました!!

先場所もそうですが突っ込んでしまって、あっけなくバタッとなっていたら、あんな大相撲にはなりませんでした。
ひとえに日馬富士のおかげだと思っています。


そして白鵬の相撲。
勝ちに徹している相撲には感動も何もあったモノではなく、相撲美など関係なくなりましたね。
そしてあんな相撲をマネする力士も出てきました。
張り差しからのエルボーを、まさか千代の国までがするとは思いませんでした・・・(汗)

相撲が相撲でなくなりつつあります。

そして、そんな変貌に嫌気がさしたファンがひとり、去って行きました・・・
(私のブログの読者さんです)
角界の将来が本当に心配です。

これからもオリンピックまで毎回あんな相撲を見せられるのかと思うとウンザリしてしまいます。
他の力士たちの相撲の価値観までが変貌してしまうのが怖いです。

サンデースポーツ、私も見ていません。
閣下が言ったことがみんなの称賛を浴びているようですが、私はちょっと違います。↓

https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/demonkakka?utm_term=.pk7A84kEr#.llZpG8P9q

あまりに長くなるのでここでは言いませんが、野球と相撲ではニュアンスが違うと思います。
相撲は国技と言われていますから日本人にとってはそれなりのプライドもあり、ましてやバンザイとブーイングは違いますから。
日馬富士や鶴竜に対しては、こんなこともありませんしね。

ともあれ、みしゅらんさんもお疲れ様でした!!
しばしゆっくりしてくださいね!!
お身体、ご自愛下さい。

早いもので今年もこの時期が来ました。来月は全国高校野球選手権の季節です。また、その次の週には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業)、来月は全国高校野球選手権です。また、その次の週には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさん今晩は。 早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業)、明日の夕方には全国高校野球組み合わせ決定、来週の月曜日には全国高校野球選手権(順調な日程なら21日まで)。また、その次の週には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業)、昨日、全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。7日の月曜日には全国高校野球選手権(順調な日程なら21日まで。そして、28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業)、一昨日、全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。台風5号の影響を受けて8日の火曜日には全国高校野球選手権(順調な日程なら22日まで。そして、28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業=朗報。10日から怪我で夏巡業を休場中だった横綱 稀勢の里が参加。)、4日には全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。そして、昨日から全国高校野球選手権(順調な日程なら22日まで。=大相撲中継担当アナウンサーからは太田雅英、岡崎 太希、小林陽広、酒井良彦、佐藤 洋之、高木 優吾、三輪 洋雄が担当)。また、大坂敏久と藤井康生アナウンサ―は衛星中継でのMLB(大リーグ)中継、三瓶宏志アナウンサーはテニス中継mのロジャーズ・カップを担当。そして、28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業=朗報。10日から怪我で夏巡業を休場中だった横綱 稀勢の里が参加。)、4日には全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。そして、昨日から全国高校野球選手権(順調な日程なら22日まで。=大相撲中継担当アナウンサーからは太田雅英、岡崎 太希、小林陽広、酒井良彦、佐藤 洋之、高木 優吾、三輪 洋雄が担当)。また、大坂敏久と藤井康生アナウンサ―は衛星中継でのMLB(大リーグ)中継、三瓶宏志アナウンサーはテニス中継のロジャーズ・カップを担当。そして、28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業=朗報。今日から怪我で夏巡業を休場中だった横綱 稀勢の里が参加してきました。なおかつ4日には全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。そして、昨日から全国高校野球選手権(順調な日程なら22日まで。=大相撲中継担当アナウンサーからは太田雅英、岡崎 太希、小林陽広、酒井良彦、佐藤 洋之、高木 優吾、三輪 洋雄が担当)。また、大坂敏久と藤井康生アナウンサ―は衛星中継でのMLB(大リーグ)中継、三瓶宏志アナウンサーはテニス中継のロジャーズ・カップを担当。そして、14の月曜=(28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

蒔右絵門,まーがりんろーる,ルードさんこんにちは。 いやあ早いもので今年もこの季節(大相撲夏巡業=朗報。今日から怪我で夏巡業を休場中だった横綱 稀勢の里が参加してきました。なおかつ4日には全国高校野球準々決勝までの組み合わせが決定。そして、8日から全国高校野球選手権(明日と明後日でベスト16、20日に準々決勝のベスト8、21日は休養日、22日は準決勝のベスト4、順調にいけば23日には決勝=大相撲中継担当アナウンサーからは太田雅英、岡崎 太希、小林陽広、酒井良彦、佐藤 洋之、高木 優吾、三輪 洋雄が担当)。また、大坂敏久と藤井康生アナウンサ―は衛星中継でのMLB(大リーグ)中継、三瓶宏志アナウンサーはテニス中継のロジャーズ・カップを担当済。そして、来週の月曜日21日で一週間前(28日の月曜日には大相撲秋場所の新番付が発表(新十両)=矢後、大成道関が相撲で沸かせてくれることを期待&また、貴源治が再十両の狙える幕下上位にいることにも期待して再十両をしてほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157933/65572814

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽を:

« 明日の碧山と日馬富士に期待します | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード