カテゴリー「日馬富士(安馬)」の記事

2017年5月28日 (日)

H29年大相撲五月場所十四日目&千秋楽:白鵬十四日目に優勝、千秋楽で13度目の全勝優勝に

今場所もお疲れ様でした。疲れたー。
以下、読んでも疲れるだけの記事になる可能性大ですので、気持ちよく週末(あるいは五月場所)を終えたい方はどうぞスルーしてください。

十四日目の現地観戦では照ノ富士と日馬富士への精一杯の応援も虚しく、白鵬の優勝が決まりました。
豪栄道戦の日馬富士、今場所で一番残念な内容・・・春場所の序盤戦に戻ってしまったかのようでした・・・先手が打てないと自分で墓穴を掘ってしまう、が発動( ´;ω;`)

が、今日の千秋楽結びの一番は力の限りを尽くした大相撲。出ようにも出られない、白鵬を動かせない日馬富士の姿に辛くなってきましたが、場所前の春巡業情報を思えばここまで力が出せる場所になるとは正直思いませんでした。それほどに初日からの十日間連勝の相撲内容は誰よりも素晴らしかった。
御嶽海戦から流れが変わってしまったのがなあ。

続きを読む "H29年大相撲五月場所十四日目&千秋楽:白鵬十四日目に優勝、千秋楽で13度目の全勝優勝に" »

2017年5月22日 (月)

H29年大相撲五月場所中日:現地観戦でした

早くも中日。

今場所の土俵は何か全体的に引き締まったような良い雰囲気があります。
稀勢の里の横綱昇進に加え、若手の活躍が全体のレベルアップを後押ししているようでもあります。

続きを読む "H29年大相撲五月場所中日:現地観戦でした" »

2017年5月20日 (土)

H29年大相撲五月場所六日目後半戦はダイジェストしか見ておらず

あまりにカッコいいのでダイジェストを何度も繰り返して見てしまった。

よく考えたら本放送の録画を一部始終見れば済む話なのに(苦笑)
この日馬富士vs碧山戦の他、つい巻き戻して見てしまったのが照ノ富士vs千代の国と御嶽海vs豪栄道でした。
この日、横綱大関安泰。
白鵬が二日続けて厳しすぎる左張ってのエルボーですが、遠藤よく厳しい突き放しを凌いだなあ・・・
千代の国も星は上がらずとも毎日全身全霊。本当に貴重な場所になってます。嬉しい。

続きを読む "H29年大相撲五月場所六日目後半戦はダイジェストしか見ておらず" »

2017年5月14日 (日)

H29年大相撲五月場所初日:関取衆休場者無しも2横綱1大関に黒星(皇太子夫妻ご観覧)

ツイッター観戦をしないと疲労度が激減することが判明(多分・・・苦笑)
単に私の情報処理能力の問題とも言えるかもしれませんが(そして日馬富士の勝敗に大きく左右される面も否めず)(^o^;)

続きを読む "H29年大相撲五月場所初日:関取衆休場者無しも2横綱1大関に黒星(皇太子夫妻ご観覧)" »

2016年10月 5日 (水)

すっかりブログがご無沙汰当たり前に(^_^;)ちょっと仕切り直し

人生上の節目というのか、今年に入ってから色々とあり、なかなかブログを書く意思が、ですね・・・寝る前に脳内更新はしてたりするんだけど。たぶん(苦笑)

昨日、長年重くのしかかっていた大きな懸案事項が思いの外(ある意味)突然解決した、という開放感で、今日は久しぶりに書こうかと。パソコンでちょっと別のことをやってたんですが息抜きに。

とか書いてたら、コピペ間違えて以下書いていた結構な文章を消してしまった・・・_| ̄|○
再構築する気力は当然戻ってこないわよ!!!(T▽T;)

続きを読む "すっかりブログがご無沙汰当たり前に(^_^;)ちょっと仕切り直し" »

2016年3月18日 (金)

日馬富士2敗目

あ〜あの負け方はいつもの日馬富士じゃない・・・

もう、ガックリ(T_T)
今夜は仕事もあるけど早く寝て早朝仕事にしようかな(T_T)
横綱になってからの春場所、どうしてこういうことが多いのか・・・

2016年3月17日 (木)

H28年大相撲三月場所:序盤戦終了、上位勝ちっ放しは稀勢の里一人に

隠岐の海が相撲に負けて勝負に勝ち(琴奨菊、五日目でついに土)。

いつもなら白鵬の技でバッタリの碧山が体重15kgダイエットで驚異的な動きを見せ(もったいなかった!!!)。

宝富士が結びの一番で横綱を力強い四つで攻め立て!!!(だがしかし逃げ足の早い鶴竜・・・と、その動きよりさらに速く逃げねばならなかった伊之助さん九死に一生の土俵&ツイッターで「ドッグラン」の文字に失笑を禁じえず)

非常に見応えのある五日目でした。
というかやはり今場所は面白い!

ひとまず序盤成績結果:

という具合。

これはまだまだわからない!

そして自分的には大一番だった幕下上位対決、照強vs宇良。
宇良が照強より数段低かった(^_^;)
明日は宇良、十両土俵で天風戦であります。木瀬部屋は重量級が多いので、ある意味普段の稽古の成果が出る取組となるかもしれないな〜という気も。楽しみ!
照強、今日の一番は勉強になったことでしょう。あと四番だ!
十両では出羽疾風が今日千代丸に勝った相撲で大感激してしまいました(T_T)
よくぞここまで力をつけてきた!もう、嬉しくてたまらない!この勢いで着実に白星を積み重ねていってほしい!

続きを読む "H28年大相撲三月場所:序盤戦終了、上位勝ちっ放しは稀勢の里一人に" »

2016年3月16日 (水)

H28年大相撲三月場所:三日間を終え横綱全員に土、対する大関陣全員土付かず

コメント返信遅れており申し訳ありません(>_<)

荒れてます春場所。初日から荒れてます。

三日間全員白星で大関陣が土付かずというのもある意味波乱です(苦笑)
こんな場所、私が大相撲観戦を始めてから一度もなかったような気がします。
本日四日目の取組もこれまた面白い興味深いものばかり。
果たして夕方6時には自分はどんな顔をしていることやら。

日馬富士、肉離れでよく土俵入りも取組もこなしているものだ・・・と、太ももが伸びてしまった時のあの激烈な痛みを経験している私としては肉離れ自体が想像できず、日馬富士の気持ちの強さに恐れ入るばかり。
とはいえ三日目の琴勇輝戦、またしても相手に男泣きさせる金星配給となってしまった。
初日の栃煌山戦での真っ向勝負、鋭い気迫の立合いに度肝を抜かれましたが、二日目の隠岐の海戦では左上手狙い、昨日の琴勇輝戦では張り差し。
取り口からして状態は良くないんだろうな・・・
果たして千秋楽までこの横綱の姿を見ることができるのかはわかりませんが、精一杯祈るのみ。
今日も高安戦(>_<)馬力枠が続くと心臓持ちません・・・

それは別としても琴勇輝の涙には、これまでの苦しみが怒涛のように解放された美しさがありました(T_T)
奇しくも幕内正面解説は師匠の佐渡ケ嶽親方(琴ノ若)に、中入り特集はその父である師匠の「琴櫻のことば」。
加えて小豆島といえばオリーブ、の3月15日は「オリーブの日」。小豆島に昭和天皇がオリーブを御手植えされたことから、小豆島がその記念に制定した日だそうですね。
なんという偶然。
琴櫻の魂と小豆島の魂が渾然一体となって琴勇輝に全てを託したかのような日となりました。
感極まっても、周りの人々への感謝の心を忘れず口にした琴勇輝。本当におめでとう!!!

琴奨菊も先場所の流れが止まらない。
テレビに映る姿も花道奥から取組前の仕切りの様子、そして相撲・・・と、まるで別人のよう。
まだまだ12日間あるので先はわかりませんが、「自分はこれ」と焦点を定めて腹をくくった相撲をとる力士は強い、とあらためて感じております。
自分の短所(脇が甘い)よりも長所(体を生かす)を伸ばすことに集中したキクちゃん。

さあ、他の大関陣も序盤戦がまずは勝負であります!
ハルオの相撲が見られるのも、照強が怒涛の内容で2連勝を続けているのも嬉しい今場所です。
(幕下が超絶アツすぎな今場所&十両が幕内みたいな今場所見所多し)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2016年1月24日 (日)

H28初場所14 日目:現地観戦

日馬富士…私は背中から見ていた。土俵下の鶴竜の厳しい顔が目に入った。なんとなく心に落ち着きがないように見えた日馬富士。立合い、何が起こったのかこちらは全く理解できず。ただ、止まった瞬間に嫌な予感…そして、上半身に力が入りすぎて下半身がお留守だったのか、あえなく鶴竜の技で脆くも崩れる…

頭を両手で抱えました。もうだけど、これは仕方ない。
後から、日馬富士が待っただと思ったことを知りました。どうしてそんな場面で…_ノフ○ グッタリ
仕方がない、というしかない。
立合いが全ての日馬富士。今場所、それをあらためて思い知る。
何処かで冷静さを欠く部分があったんだろうか。
残念でたまらないけれど、今日の千秋楽結びの一番では最初から最後まで集中し切った日馬富士でありますよう。

琴奨菊の存在感は素晴らしかった。充実感漲った体。微動だにしない蹲踞。
立合い前、ソワソワ気味の栃煌山とはまるで対照的だった。
柳川の石臼か、はたまた柳川のヌリカベか。
(褒め言葉です)
キクちゃん、あなたが賜杯を抱くにふさわしい。何場所も、星数は上がらずとも精一杯の相撲を取り続けるキクちゃんはカッコよかった。けれど今場所は精神の揺るぎなさとたゆまぬ努力の結果を見せ続けてくれた。

豊ノ島は自ら「神がかっている相撲もあった」と、これまでの今場所の相撲についてコメントしている。
それが、あの疑惑の隠岐の海戦のことも含めて指しているのかはわからない。
でもあの一番から、昨日の妙な幕内後半戦まで、何かがおかしい今場所を一掃するのはやっぱりキクちゃんしかいない。

豪栄道も命が懸かる一番。
「千秋楽」の呼び名に相応しい日となりますように。

(そして泣く泣く昨日の録画相撲も今日の相撲もお預けのまま私は去るのであった…泣)

2016年1月22日 (金)

H28発場所13 日目:全勝消え一敗白鵬、琴奨菊

今日は風呂桶を壊したのかどうなのか情報確認をしていないが、取組を終えた支度部屋では左手で頭を抱えたらしい稀勢の里。
もう一度付け人に自分の立合いを撮影してもらって、iPadでしっかり確認してください…
明日はオトコを見せよ!!!!!!
ここで踏ん張らずにどうする!!!
(頭も総動員してくれ)

そして日馬富士、そのまま突っ走れ!!!

オーザンの意地も見たい。
だけど琴奨菊の気持ちの切り替えも見たい。

明日の現地観戦は心臓がいくつあっても足りないかも…
千秋楽、行けず見られずだけど明日で燃え尽きそうな気がする…
すでに昨日と今日でヘトヘトです。
おやすみなさい…

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード