カテゴリー「大原禎貴改メ瞬迅輝琉」の記事

2016年6月21日 (火)

瞬迅、名古屋場所で引退の発表に…

昨日、突然本人がツイッターで・・・

今回の知らせにはさすがに堪えております・・・(泣)

錣山部屋の五月場所千秋楽打ち上げパーティーの様子が、打ち上げへ参加したツイッターユーザーのツイートで一部見られたのですが・・・
そのツイートを見てモヤモヤただならぬ予感がしつつも、その後も錣山部屋の力士たちと一緒にいる様子が見られたので「大丈夫なのかな・・・」と半分千秋楽打ち上げ関連のいわくありげなツイートを心で打ち消してきていました。
でも、次がご本人ご当所の名古屋場所、という前での気になるツイートだったので・・・
本人のこれまでのツイート内容から引退の理由をうっすらと考えつつも、番付的にBS中継登場も難しいので、名古屋は7日分だけストリーム放送を買おうかな、と(´;ω;`)ウウ・・・

最後まで精一杯、力士としての1日1日、一瞬一瞬を大切に過ごせますように。そしてこれ以上のケガなく過ごせますように。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2015年11月15日 (日)

H27年大相撲九州場所中日:白鵬単独ストレート勝ち越し

ということで勢は実力者の栃煌山にやはり技術力では及ばず脱落。

にしても今日はこれまた仰天すること多々・・・

Img_1559

こんなファッションを見せられてしまっては・・・北の富士様。これが似合っちゃうってどういうことですか!!!!!!
いや、でも阿夢露のクルクルうるさい相撲、ハルオの苦し紛れの変化、勘太夫さんの初の結びのふれ等々、見どころ満載な中日でした。急にエレキベースの小気味良い音が聞こえてきて焦ったりとか(苦笑)←ここまでのハイライト特集
日馬富士、豊ノ島をはさみつけるようにして低い体勢で相手に引かせ、走った!
明日は勢戦・・・デカくて右が強い相手なので引き続き要注意です。
瞬迅、水戸豊もストレート勝ち越し!(≧∇≦)

なんだか落ち着いて見ていられないので中日が終わったと言われてもピンときません(^_^;)
時は非情にも過ぎ去っていきます・・・ものすごい早さで。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2015年3月17日 (火)

H27年大相撲三月場所十日目中盤戦終了:全勝白鵬、照ノ富士1敗を守る

大相撲中継中に仕事のヤマを越えました!パンパカ┗(^o^)┛パーン

これで大手を振ってテレビ桟敷観戦に専念できる!(といいけど)

早くも十日目終了、明日から終盤戦。あと5日しかない…

これで中盤戦終了時点は:

全勝 白鵬
1敗 照ノ富士
2敗 安美錦、大砂嵐、千代鳳
3敗 日馬富士、稀勢の里、豊ノ島、臥牙丸

という展開に。

せっかく昨日勝ち越した安美錦が、今日は黒星でまさかの右膝負傷!!!また涙…
テレビカメラも花道までしか追ってくれない…
そんな状態でもユーモア交えたコメントで手を振りながら去っていくアミー。
気持ちが前向き(T_T)

ケガさせようとして相撲をとっているわけではないにせよ、徳勝龍の破壊力は…たまたまとはいえ、その数が(>_<)
というか、木瀬部屋=破壊屋、のイメージが申し訳ないながら私の中では大きいのですよね…。
徳真鵬も一時期、関取昇進間近の幕下力士や新十両との一番で、再び相手力士を上昇街道から振り出しに戻させるような相撲が多かった時がありました。膝の大怪我を招く相撲ばかりだったので、「もうそれ以上太らないで!」と心で叫んでいた時期も(>_<)
臥牙丸も木瀬部屋だし…

とにかくケガは辛い。見ていて怖い。
今日の向正面解説が立田川親方@豊真将だっただけに、その意味でも涙腺が何かにつけて崩壊しておりました…。脚、膝を痛める力士が多かったなあ…

続きを読む "H27年大相撲三月場所十日目中盤戦終了:全勝白鵬、照ノ富士1敗を守る" »

2015年3月12日 (木)

H27年大相撲三月場所:序盤終了…というか

在宅はやはりアカン。
気になって気になって、結局途中からテレビつけっぱなしで気になる取組だけ盗み見(ごく一部、というか日馬富士戦のみ正面から勝手に休憩時間にしてガン見。あ、それと輝vs若の里戦)。

盗み見するたびに信じられない光景が繰り広げられるばかりの五日目でした…
というか、なぜ今日になってブログを書くんだ私(苦笑)

ひとまず序盤終了時点での幕内成績は:

5戦全勝 白鵬、照ノ富士、安美錦、千代鳳
4勝1敗 日馬富士、琴奨菊、豪栄道、栃ノ心、豊ノ島、遠藤、誉富士、佐田の富士
3勝2敗 妙義龍、逸ノ城、常幸龍、北太樹、大砂嵐、勢、豊響、臥牙丸

紫色は三役以上です。
これで日馬富士が土付かずだったら…伊勢ヶ濱ーズはすごいことになっていた(誉富士も残念なことに今日土が付いてしまった)。中でも照ノ富士と安美錦の相撲は連日圧巻。目が離せません。

で、なぜ2敗勢まであえて書いたかというと。
2敗勢の中にさえ四股名が無い大関が。
稀勢の里、序盤でなんと黒星先行・・・・・・・・・
負けた相撲が全て下半身が脆すぎる。今までないほどに脆すぎて一体何がどうなってるのか!?
今日は逸ノ城戦。あいた口がふさがらず。
とはいえテレビも斜め30°ぐらいの角度から(しかもそれなりの距離から)見ているので、細かいことは私にはわかりません。
逸ノ城がエンジンかかり始めたともいえるのかもしれませんが…それにしても…

続きを読む "H27年大相撲三月場所:序盤終了…というか" »

2015年2月26日 (木)

H27(2015)年大相撲三月場所新番付(十両以下所感)

平成27(2015)年三月場所(春場所・大阪場所)新番付:十両

※カッコ内は前場所番付・勝敗休・特記・前場所との枚数差
赤字:番付UP 青字:番付DOWN 緑:新十両

   東                    西
鏡桜(西前十五・7-8・−1.5)   一  千代大龍(西前頭五・1-6-8・−12)
輝 (西十両八・11-4・+6.5)  二  旭日松(東十両四・9-6・+1.5)
富士東(東十両八・9-6・+5)   三  玉飛鳥(東十両六・8-7・+2.5)
青狼(東十両九・9-6・+5)    四  若の里(西十両一・5-10・−3)
大道(西十両三・6-9・−1.5)   五  朝赤龍(東十両二・5-10・−3.5)
大栄翔(東十両十三・10-5・+7)  六  貴ノ岩(西十両四・6-9・−2)
英乃海(西十両十一・9-6・+4.5) 七  千代皇(東十両十・8-7・+2.5)
天鎧鵬(東十両七・7-8・−1)   八  北はり磨(西十両五・6-9・−3)
阿武咲(東十両十一・8-7・+2)  九  翔天狼(東十両五・5-10・−4.5)
舛ノ山(西十両十四・9-6・+4.5)  十  里山(西十両七・5-10・−3)
土佐豊(西前十六・0-2-13・−10.5)十一 双大竜(西十両九・6-9・−2)
阿炎(西幕下二・5-2・+3.5)   十二 天風(東幕下一・4-3・+2.5)
琴恵光(西幕下一・4-3・+2.5)  十三 明瀬山(西十両十・6-9・−3)
石浦(西幕下六・6-1・+6.5)   十四 希善龍(東幕下四・4-3・+3.5)

続きを読む "H27(2015)年大相撲三月場所新番付(十両以下所感)" »

2015年2月17日 (火)

これは…

ヤバイでしょ!!!(*´д`*)ハァハァ

朝にマッサンを見ても脳みそが覚醒仕切らず…の後に発見して鼻血出る寸前w
(その後間もなくして地震が…朝のほうが揺れた)

お恥ずかしながらG-Dragonを知らなかったので思わずググり。
「風」と言われてもよくわからぬまま、画像をスクロールしていったらそれらしい雰囲気のものが見つかりました(^_^;)

クォン・ジヨンというのですね。韓流ドラマも冬ソナさえ見たことのない私には、まだまだ遠い世界であります。

韓国好きの友人に新年旅行一緒にどう?と格安パックを勧められましたが、なかなか最近飛行機に乗る勇気が出ないし状況的に無理だし…そのうち色々落ち着いたら数年後には実現できたらいいな、と思いつつ。
(気の長い話)

鬢付け油を付けていない髪を乾かしたお相撲さん、ズラッと並んで記念撮影してみてほしい。思い思いのポーズで(´∀`)
でも、あまり種明かししてしまってはよろしくないかもしれませんね。
それにしても女子も真っ青な美しすぎる大原くんにドッキリしてしまった朝でありました。

余震に津波…4年経っても強い地震が半日に二度。
気をつけねばなりませんね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

2015年1月21日 (水)

H27年大相撲初場所十日目:平幕力士は3敗に後退&幕下が〜〜!!!

錦織選手の全豪オープン、アジアカップ日本vsヨルダン、そして大相撲…とスポーツの1日になるはずだった1 月20日。

「イスラム国」を名乗る組織による日本人殺害警告が。

里山と若の里の一番(十両最後の取組)の勝敗が決まったちょうどその瞬間、いきなりニュース速報に切り替わったNHK総合でした。
呆然としながらしばらくニュースを見ていましたが、父に「ラジオはやってるよ」と言われて、いったんNHKラジオ第一に切り替え。
その後Eテレで放送されることになった…家にいられてよかった…。(´д`lll))

その時にわかったことは、各放送リソースの時差。
テレビでの大相撲放送が空白となってしまった時間帯に父親がラジオをつけ、私がスマホ用アプリの「らじる☆らじる」をつけると、らじるがラジオ波より1分近く遅いのは知ってはいた。
その後、ネットラジオがあることを(今更)知り、Macでアクセスしてみたら、らじるよりネットラジオのほうが断然音の伝達が早い!
そこでNHK総合は音声だけ消してニュース画面を見つつ、ネットラジオの大相撲放送音だけの環境に(父はいつの間にか普通のラジオを消していた)。
その後Eテレが始まる。その時に切り替えたテレビの大相撲放送と、まだつけてあったネットラジオの間では、数秒差があることが判明。ネットラジオの方が遅い!
ということは…
正真正銘のリアルタイム放送はラジオのみ。
その数秒(1〜2秒?)後にテレビ、そのさらに数秒後にネットラジオ、さらに数十秒後(1分近く後)に「らじる☆らじる」が追いかける…
と、各リソース時差ありまくりということだ!(苦笑)
その意味で一番頼りになるのはやはりラジオなんだな、と。一つ勉強になりました。

大相撲中継中は相撲のことしか頭になかったのですが、今になって色々なことを考えてしまいます。
一般的に「世間の常識」と言われる物事が通じない(しかもこちらの話や行動を曲解している)相手には一体どう対処すればいいのだろうか?
個人的には首相が1月のパリでの事件後まもなく中東へ向かうこと自体、解せない…しかし、もしも首相が中東へ行っていなかったら?人質はさらに長い間、今の姿を見せぬままとなってしまっていたのだろうか?(映像が合成ではないとして)
すでに昨年末、後藤さんの家族に対して身代金請求のメールが届いていたという話も入ってきています。このメールでの請求から映像公開までのタイムラグを考えると、不安です…

と、長い前置きとなってしまいましたが、無理やり切り替えて本日十日目。
白鵬が10戦全勝。これで48場所連続の二桁勝利とのこと…(驚愕)
48場所って…48÷6=8年ですよ。
休場なしで8年!!!!!!(※八百長問題で中止になった場所があるので、二桁記録が始まったのは大関時代に休場明けした2007年初場所から)
いくら数字にはほとんどこだわらない私でも、これにはさすがに言葉がない。
本物のモンスターは白鵬ですよ、逸ノ城じゃないよ…。(´д`lll)
モンスター横綱、碧山戦でやはり引きを見せつつも、次には差して力を見せつけてからタイミングよく肩透かし。

続きを読む "H27年大相撲初場所十日目:平幕力士は3敗に後退&幕下が〜〜!!!" »

2015年1月12日 (月)

H27年大相撲初場所初日:横綱大関陣安泰、遠藤vs逸ノ城戦は遠藤に軍配

いきなり今場所の解説者一覧記事のタイトルが「11月場所」になっておりました…
大変失礼いたしました〜!!!(>_<)
気付いた時点で取り急ぎ修正をかけました…

早速始まった初場所。
(リアルタイムのツイートはこちら
久しぶりに13時から18時まで完全にテレビに張り付き状態。
夜には体力なくなってしまい、一夜明けて今記事を(苦笑)

まずは横綱大関陣が全員安泰。
横綱大関陣の中でも会心の相撲を取ったのが、ガブ関@琴奨菊。一気の寄りでハルオ@照ノ富士(せっかくニコニコ未年の挨拶ビデオが放送されたのにw)を圧倒。
日馬富士のスピードが生きた栃ノ心の送り出しもお見事でした!

日馬富士、協会挨拶の時の引き締まった顔つき、お尻の肉の具合、土俵入りの柏手の打ち方が鋭くなったことなど色々見ていていい稽古ができたんだろうな、と感じました。あとは相手あってのことなので…本日二日目の高安戦も、馬力相撲を圧倒するスピードを見せて欲しいと願っています。

結びの一番の白鵬は、皆がここまで順当に来た結果を受けてなのか、オーザンに対して珍しく脇をしっかり固めながらそのまま普通に踏み込む立合い。
最後の締めとしては今ひとつの内容を横綱に繰り出させたオーザンでしたが…北の富士氏が言われたように「体の硬さ」から足が出なかったのでしょうか(>_<)

協会挨拶前の花道奥でも、壁を使って脇のストレッチをしていた栃煌山。
絶えず自分の体の弱みと戦いながら黙々と精進するオーザンはやっぱり今場所も応援したい!
(が…日馬富士戦がいつも怖い…)

結びの一番は懸賞MAXの50本。玉手箱状態でしたね。
丁寧に両手で押し頂く大横綱の姿がありました。

続きを読む "H27年大相撲初場所初日:横綱大関陣安泰、遠藤vs逸ノ城戦は遠藤に軍配" »

2014年12月24日 (水)

H26年大相撲初場所新番付発表

クリスマスイブですが、今日は番付発表!

東        西
白鵬    横綱  鶴竜
日馬富士  横綱
稀勢の里  大関  琴奨菊
      大関  豪栄道
碧山    関脇  逸ノ城
高安    小結  栃煌山
宝富士   前1  栃ノ心
照ノ富士  前2  勢
遠藤    前3  安美錦
豊ノ島   前4  常幸龍
魁聖    前5  千代大龍
隠岐の海  前6  豊響
旭天鵬   前7  千代鳳
妙義龍   前8  佐田の海
玉鷲    前9  豪風
蒼国来   前10 誉富士
松鳳山   前11 嘉風
旭秀鵬   前12 荒鷲
大砂嵐   前13 時天空
琴勇輝   前14 千代丸
佐田の富士 前15 鏡桜
徳勝龍   前16 土佐豊

続きを読む "H26年大相撲初場所新番付発表" »

2014年11月30日 (日)

月刊「相撲」九州場所総決算号2014

Img_0002

なんとか山は超えた!w

それで早速「相撲」をゲット…ではなく、実は昨日図らずも時間が空いた時、大急ぎで本屋で最後の一冊を手にしたのでしたv(^-^)v

続きを読む "月刊「相撲」九州場所総決算号2014" »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード