カテゴリー「文化・芸術」の記事

2015年12月27日 (日)

追記(日馬富士&Zaya展に関し)

夜遅くに絵画展の記事を書いたので(夜中過ぎの時間帯が本質的に苦手な人間です)、書くつもりだったこともスルーしたまま寝てしまいました・・・
といっても自分のための覚書。記憶力悪くてすぐ忘れてしまうので(^_^;)

続きを読む "追記(日馬富士&Zaya展に関し)" »

2015年12月19日 (土)

日馬富士、日本で初めての絵画展:ようやくニュース記事に

続きを読む "日馬富士、日本で初めての絵画展:ようやくニュース記事に" »

2015年12月11日 (金)

国宝一遍聖絵: 三ヶ所巡るなら

こりゃ一番最初に神奈川県立歴史博物館に来るべきだったか。
初っ端からしてわかりやすい。

でも嵐の前に遊行寺と称名寺の紅葉を見られたからいいか(笑)

もしも国宝一遍聖絵を週末に見ようと考える方がいたら、県立歴史博物館からのスタートをお勧めします。
後の二ヶ所はお好みで(笑) 一番シンプルなのが遊行寺でした。

というわけでこれから鑑賞します。

2015年12月 9日 (水)

一遍聖絵@金沢文庫

Image

遊行寺に続き、一遍聖絵巡りパート2。
といっても金沢文庫と北条氏にまつわる展示のほうについつい時間を費やしてしまい…(^_^;)
結局、またしても神奈川県立歴史博物館は先送り。
でも称名寺庭園もこの季節ならではの風情で、「ここにいる時間」を大切にしました。
先に展覧会を見たので、この浄土式庭園の「浄土」を以前目にした時よりも感じたように思います。

鎌倉時代と北条一族。
ビデオ映像も豊富にあったので、大変興味深くこの時代について学びました(笑)
日本最古の図書館といわれる金沢文庫。国宝も数多く、一遍聖絵を補足するこの文庫所蔵の資料を見ても、その重要さがわかります。
まだまだ文書も発掘されつつあるようで。歴史も変わっていくかも!?

一遍聖絵は二階の展示スペースに。
遊行寺よりも照明が明るめで、かなりくっきりと絵を楽しめました(もちろん美術館仕様の照明)。
でも、それぞれに展示の趣向が違うので面白い。
これは何としても横浜の展示も見なくては…!

地元にいたら、今日は夕暮れ富士山が昨日に続き綺麗だったかも。昨日も今日も見てないので想像のみです。

2015年12月 5日 (土)

「CD」なんだけど&横綱の展覧会情報

てっきり「ビデオCD」だと思っていたのですが・・・

音楽のみ・・・?
それともMacだから・・・?

到着したKUNIの「願い叶うなら」、視聴・拝聴のつもりが拝聴のみとなりました。
でも、やっとゆっくり聴けました。
映像が無いほうが良いこともあるようです。
おっと、昨夜寝過ぎたので今日はうっかり夜更かししそうな雰囲気・・・
遅刻しないように気をつけねば。

ジャケット内側のモンゴル語歌詞は横綱ご本人が翻訳したもの。
ああ、今回ほどモンゴル語がわからなくて悔しい思いをしたことはない気がする・・・!

この絵は銀座の画廊での展覧会で見られるのかしら。それともKUNIさんが所有・・・?
見られれば嬉しいな、と思いつつ。
と、その話題を万一まだご存知ではない方がいらしたらということで、耳寄り情報:

横綱 日馬富士 & サンブウ ザヤサイハン の合同展「TWO WORLD」

TWO WORLD art show Harumafuji Kōhei & Zayasaikhan Sambuu

12月23日(水・祝)〜27日(日)
日動画廊 東京本店(銀座)

まだ日動画廊ホームページに告知は出ていませんが、Facebookページができています(上記展覧会タイトルをクリック)。
メインはザヤサイハン氏なのではないのかな・・・と思うのですが、横綱に敬意を表してなのか(モンゴル語では前と後ろどちらが重要かも私には不明)横綱の名前が先に出ています。
(横綱が出資しているのかもしれない・・・)
ザヤサイハン氏の絵がこれまた私の大好きな色彩に造形美!!!なんという世界観。
なんとか時間を作って足を運びたいと思っております!!!
日馬富士関の色彩と筆使いをこの目にしっかりと焼き付けたいと思います!!!

それにしても7回目の優勝、CDリリース、展覧会・・・
こんなにいっぺんに日馬富士づくめになる2015年の終盤を迎えることになろうとは。
私にとっては五郎丸ポーズどころではない衝撃のラストスパート2015となっております。
(来年の反動が今から恐ろしくもある・・・)

2015年12月 4日 (金)

色々あってからの・・・KUNI「願い叶うなら」到着♪♪♪

Img_1743

昨日とは打って変わり、真っ青な空でした。でも風が強かった!ヤマモミジが鮮やかでした。

本当であれば今日1日を使って一挙公開中の国宝「一遍聖絵」巡りに三箇所無理やり行脚したかったのですが、一身上の都合で「午後から遊行寺だけでも・・・」と考えを変えざるを得ず、結果・・・一箇所も行けず・・・。

まあ〜仕方がない。だんだん自分だけの都合では動けなくなるお年頃であります。

続きを読む "色々あってからの・・・KUNI「願い叶うなら」到着♪♪♪" »

2015年2月12日 (木)

ひとつ気になっていること

もともと

「○○は日本人だから〜だ」
「イタリア人というのは〜〜である」

といったように、国民性を100%ステレオタイプ化する表現が苦手です。
「〜傾向にある」というのであれば、わかります。
もちろん、「〜である」という表現自体がそれを100%肯定しているとは限らないところが、言葉の難しさではあるのですが。

わかるのですが…今年の初場所中に豊真将が引退を発表した際、「日馬富士には責任を感じないでほしい」とつぶやいた私に、気になる一言を寄せた方がいました。

「私は責任を感じて欲しい。モンゴル人には『責任』という概念がないのだから」

といったような内容でした。

「責任」の概念がない。
どういうことなのだろう…
国民として、「責任」という概念がないとは?
それ以前に、「モンゴル」と一口で言われても、「モンゴルとは一体何ぞや?」と思考停止してしまうレベルの私です。
「日本人とは何か?」と聞かれたとしても同じレベルですが…

続きを読む "ひとつ気になっていること" »

2014年12月24日 (水)

1998年のキトラ古墳

Image

色々処分中に昔の新聞切り抜きが出てきた。
まだキトラ古墳壁画も超小型カメラで調査していた時代のもの。
新聞の文字の大きさの違いにも驚きつつ、これは捨てられないのでスキャン用にキープだな。

今年、初めて修復された本物の壁画を目にして、同じ年の年末に発見当初の記事を久しぶりに見つけるというのも何か感慨深いものがあります。
読み始めたら整理の時間がなくなるのでやめておこう(笑)

この前年(1997年)にはアッシジで大地震があり、ジョットの大作があるサンフランチェスコ聖堂が崩れたのでした。
今、イタリア中部(トスカーナ)でまた地震が頻発中。
終息傾向にはあるようですが…クリスマスのミサを一部の教会内で行うのを中止、という話も耳にします。
みなさんが穏やかにクリスマスを迎えられますように。


2014年10月29日 (水)

平成大修理中の日向薬師

…に行ってきたので記事を書いていたのですが、ココログもMacもWiMAXも三つ巴で私の邪魔をしている気がするのであります。画像UPでどれだけ固まったことか…_| ̄|○

で、書き直しバージョンを…写真より書く方を中心にせざるを得ないのであった(-_-)
本堂はこんなことに。

Dscf8806s

左に行くと仮本堂、とのことなのでそちらへ向かう。

Dscf8811s

Dscf8813s_2


修理中だけどどうなのかな、と思いましたが、結果的には行っておいてよかった!
ちょうど一人きりで可愛らしいおばあちゃまにいろいろ仏教の決まりごとを説明していただくこともできたし、仮本堂に全ての像が集結しているおかげで、本堂では奥の方に据えられてほとんど見えないような重文も堪能することができました。
(※もちろん、年5回のみ御開帳の国重文・鉈彫りの薬師三尊像は固く閉ざされた厨子の中でした)

Dscf8820s

この中に全て集結。はじめは階段の前にロープが張ってあったので、見られないのかなと思い向かいのプレハブ(お守りなどを売っている)を覗き込むとおばあちゃまがいらしたので、尋ねてみたら開けて説明してくださったのでした。

続きを読む "平成大修理中の日向薬師" »

2014年10月22日 (水)

寒い〜〜〜。

朝のお皿洗い、素手での水の冷たさに驚いた…(・・;)
夜にはなぜか生ぬるくなっていましたが。

遅い時間に上野の森美術館の北斎展を目指して上野に行ってみましたが、この冷たい雨が降る中でも長蛇の列!

もともと気分がローだったので、辛抱強く待ち続ける気力もなく、四代目猿之助のイヤホンガイドも時間内に全部聴けるかわからないし…と、あっさり諦めました(苦笑)

代わりに足を運んだのが東照宮。というか、美術館へ行く前に寄ったのですが…

Img_5914ss

これは出てから撮ったものだけど、入る時には奥の社殿に人が見えていたのです。

続きを読む "寒い〜〜〜。" »

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめリンク

INFO UTILI

無料ブログはココログ

瞬!ワード