風化で建物がいつか崩れ落ちるのではないかとぞっとしてしまう、ヴォルテッラの観光スポット。Le Balzeレ・バルツェ(=崖、絶壁)といえばここ。はじめどこだかわからずウロウロしていたら、果物をたくさんポリ袋にぶらさげた地元民らしきおじさんがおしえてくれました。でもその人は北イタリアのヴィチェンツァVicenza近郊の町、スキーオSchioから遊びにきてたらしい…その後地元紹介のパンフレットを日本にわざわざ送ってくれてびっくりしました。早く返事を出さなければ…!