サン・ピエトロ大聖堂の扉のひとつに、ジャコモ・マンズー作のブロンズ扉があります。この人の彫刻には強く精神性を感じます。箱根の彫刻の森美術館に、このブロンズ扉の習作があるので、ローマへ行く前、あるいはローマに行ってから訪ねるのも面白いかもしれません。聖人のストーリーの下に、ハリネズミやら得体の知れない動物がくっついているのですが、それがまたユーモアを感じさせてかわいい。